男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

木更津キャッツアイ 日本シリーズ KISARAZU CAT'S EYE

  • きさらづきゃっつあいにほんしりーず
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.4点(208人)

  • 観たひと

    548

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 日本
製作年 2003
公開年月日 2003/11/1
上映時間 123分
製作会社 TBS=ジェイ・ストーム=アスミック・エース エンタテインメント(製作協力*TBSエンタテインメント=セディックインターナショナル)
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督金子文紀 
部分演出片山修 
宮藤官九郎 
脚本宮藤官九郎 
企画那須田淳 
製作近藤邦勝 
藤島ジュリーK 
椎名保 
プロデューサー磯山晶 
プロデューサー補木村政和 
キャラクター・デザイン南志安永 
撮影山中敏康 
美術制作岡嶋宏明 
美術プロデューサー中嶋美津夫 
美術デザイン永田周太郎 
装置熊野憲治 
工藤健太郎 
杉谷優樹 
装飾藤田明伸 
徳田圭次 
平原孝之 
音楽中西匡 
音楽協力溝口大悟 
音楽プロデューサー志田博英 
主題歌:(「a Day in Our Life」)
音声植村貴弘 
音響効果亀森素子 
照明田淵博 
編集新井孝夫 
米山美由紀 
衣裳小木田浩次 
平野勇二 
映像木部伸一郎 
技術金澤健一 
作曲冨沢琢 
アソシエイト・プロデューサー大岡大介 
中沢敏明 
ライン・プロデューサー吉田浩二 
製作担当花山信大 
真野清文 
助監督坪井敏雄 
スクリプター大蔵堯子 
スチール加藤義一 
ビジュアルエフェクト保坂久美子 
松野忠雄 
岩屋朝仁 
安岡篤志 
川鍋昌彦 
VFXスーパーバイザー田中浩征 
CGアニメーション梅沢智仁 
特殊メイク松井祐一 
ライブステージ淵脇臣吉 
キャラクターアニメーション鶴田隆司 
映画「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」製作委員会谷徳彦 
野村賢一 
豊島雅郎 
磯野進 
安藤皇 
石橋隆文 

キャスト

出演岡田准一 ぶっさん(田渕公平)
櫻井翔 バンビ(中込フトシ)
岡田義徳 うっちー(内山)
佐藤隆太 マスター(岡林シンゴ)
塚本高史 アニ(佐々木兆)
酒井若菜 モー子/黒モー子
ユンソナ ユッケ
薬師丸ひろ子 美礼先生
内村光良 村田ジョージ
古田新太 オジー
哀川翔 哀川翔
小日向文世 田渕公助
森下愛子 ローズ
阿部サダヲ 猫田カヲル
山口智充 山口
嶋大輔 男の勲章・店長
三宅弘城 竹田巡査
平岩紙 ミー子
宮地雅子 うっちーの母
須之内美帆子 セツ子
綾小路翔 氣志團
早乙女光 氣志團
西園寺瞳 氣志團
星グランマニエ 氣志團
白鳥松竹梅 氣志團
白鳥雪之丞 氣志團
中尾彬 30年後のバンビ
伊佐山ひろ子 30年後のモー子
渡辺哲 30年後のマスター
岩松了 30年後のアニ
渡辺いっけい 30年後のうっちー・うっちーの父
ケーシー高峰 小峰
船越英一郎 モー子の父
坂井真紀 医師
袴田吉彦 メイクアップアーティスト
下村彰宏 アニの父
金剛地武志 整形外科医
破我抜作 ワキガ汁
怒鬢魂力也 ワキガ汁
堀江秀尚 フロント係
芳岡謙二 司会
森山直樹 森山
島津健太郎 ジョージの手下
武井秀哲 ジョージの手下
小山裕達 ジョージの手下
伊藤丈典 ジョージの手下
金原泰成 チンピラ
サチコ・ジュディ・福本 アマゾネス軍団
照屋貴子 アマゾネス軍団
神里梨絵 アマゾネス軍団
砂川智恵 アマゾネス軍団
田中雄士 幼少期の店長
中村陽介 幼少期のジョージ
青木淳 マスターの赤ちゃん
井口蓮二郎 田渕平助

解説

木更津を舞台に、昼は草野球チーム、夜は怪盗団の5人組が巻き起こす珍騒動を描いた、同名テレビ・シリーズの映画版青春コメディ。監督は、本作が映画初監督作となる『末っ子長男姉三人』の金子文紀。脚本は「ピンポン」の宮藤官九郎。撮影を『マンハッタンラブストーリー』の山中敏康が担当している。出演は「COSMIC RESCUE」の岡田准一、「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけどHAPPY」の櫻井翔。「ロッカーズ ROCKERS」の岡田義徳、同じく「ロッカーズ~」の佐藤隆太と塚本高史。

あらすじ

2033年、ぶっさんの命日に集まった”木更津キャッツアイ”のメンバー(バンビ、マスター、アニ、うっちー)とモー子は、30年前の出来事を回想する――。その夏、半年毎に余命半年を宣告され続けるも、21歳、まだまだ絶好調のぶっさんは、山口先輩がオープンさせた韓国パブでホステスのユッケと出会い、伝説の赤い橋をふたりで渡ったことから彼女に恋してしまう。そして、地上げ屋に狙われている孤児院”甘えん坊ハウス”を救う為、地元・木更津で大規模なロック・フェスティバルの開催を計画する氣志團に前座を務めるよう依頼された彼は、ステージでユッケにプロポーズすると息巻くのであった。ところが、そんな木更津に偽札が出回る怪事件が発生。それは、特殊メイクで死んだ筈の木更津の守り神的ホームレス、オジーになりすました、美礼先生の高校時代の同級生で刑務所から出所して来たばかりの村田ジョージこと”微笑みのジョージ”の仕業だった。この事態に、キャッツアイの5人は偽札の原版を奪取するも、舟で流され絶海の孤島へ。一度は、そこの黒モー子率いるアマゾネス軍団と一緒に暮らすことも考えるのだが、木更津へ戻り新曲を披露して立派にステージを務めあげる。お陰で、微笑みのジョージも改心し警察に逮捕され、ぶっさんのユッケへの気持ちも通じ、木更津の熱き夏が終わるのであった……。

関連するキネマ旬報の記事