男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

渡辺いっけい

  • Ikkei Watanabe
  • 出演
本名 渡辺一恵(かずよし)
出身地 愛知県宝飯郡一宮町(現・豊川市)
生年月日 1962/10/27
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

愛知県宝飯郡一宮町(現・豊川市)の生まれ。本名・渡辺一恵(かずよし)。大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科在学中の1983年、当時は学内劇団だった“劇団☆新感線”に参加。大学卒業後は上京して、唐十郎主宰の状況劇場に入団し、『ジャガーの眼』『御注意あそばせ』85、『ねじの回転』『少女仮面』86などの舞台に出演する。88年の状況劇場解散以降は、野田秀樹、木野花らの演出する舞台に参加し、個性的な演技派俳優として注目される。90年頃から映像分野にも積極的に進出し、NHK『翔ぶが如く』90、TBS『それでも家を買いました』91などのドラマ出演を経て、92年のNHK連続テレビ小説『ひらり』で、2,000人を超えるオーディションの中から重要な役どころである医師の安藤竜太に抜擢されて、その気さくなキャラクターがお茶の間の好評を博した。以後も、日本テレビ『嘘つきは夫婦のはじまり』93、『恋も2度目なら』95、TBS『適齢期』94、『Dearウーマン』96、『なにさまっ!』98、フジテレビ『輝く季節(とき)の中で』95、テレビ朝日『最高の食卓』97、NHK『冬の螢』97、テレビ東京『魚心あれば嫁心』98など、テレビドラマを中心に活躍を続ける。映画は、森田芳光監督「未来の想い出・ラストクリスマス」92の漫画編集者の役で初出演し、市川準監督「クレープ」93、庵野秀明監督「ラブ&ポップ」98、ダンカン監督「七人の弔」05などで好助演。映画・ドラマ・舞台を軽やかに横断しながら、二枚目から三枚目、善人から悪役まで幅広くこなして、名バイプレイヤーとしての地位を確立していく。ドラマはほかに、TBS『天国に一番近い男』99・01、フジテレビ『救命病棟24時』01、『美女か野獣』03、『ライアーゲーム』『ガリレオ』07、『明日の光をつかめ』10・11、日本テレビ『光とともに…・自閉症児を抱えて』04、テレビ朝日『京都地検の女』03~、『黒革の手帳』04、NHK『龍馬伝』『10年先も君に恋して』10、『下流の宴』11など多数。

キネマ旬報の記事