男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

森下愛子

  • Morishita Aiko
  • 出演
本名 竹田佳代
出身地 東京都武蔵野市の生まれ
生年月日 1958/04/08
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都武蔵野市の生まれ。4歳の時に両親が離婚し、母の手で育てられる。小中学校時代はクラシックバレエを習った。1977年、麹町学園高校3年生の時にモデルとしてスカウトされ、武田薬品、不二家などのCM出演を経て、内藤誠監督「地獄の天使・紅い爆音」77のヒロインの妹分・麻緒役で映画デビューする。続く東陽一監督「サード」77では、目的のためにはあっけらかんと売春も辞さない女子高生“新聞部”役を演じて注目される。山根成之監督「ダブル・クラッチ」78、長谷部安春監督「皮ジャン反抗族」78、朝間義隆監督「俺たちの交響楽」79などの助演を経て、再び内藤監督と組んだ「十代・恵子の場合」79では、受験地獄に足をすくわれ転落する平凡な女学生をヴィヴィッドに演じ、地味な作品ながら一部では高く評価された。そして、藤田敏八監督「もっとしなやかにもっとしたたかに」79の自由奔放に生きる家出娘役、「十八歳、海へ」79では心中ごっこを繰り返し、本当に心中してしまう予備校生役を好演。この時期に、日常の地平に立脚しつつ小悪魔的でもある彼女のイメージは、ほぼかたちづくられた。鈴木則文監督「トラック野郎・故郷特急便」79では婚約者を待ち続ける純情娘、村川透監督「処刑遊戯」79では時計屋の娘と順調にキャリアを重ねていくが、シンガーソングライターの吉田拓郎と結婚した86年12月前後から体調を崩し、88年に芸能活動を休止。99年のTBS『美しい人』で復帰し、以後は休業前以上に精力的に仕事を続ける。テレビドラマの出演も多く、TBS『池袋ウエストゲートパーク』00への出演以降、宮藤官九郎脚本作品の常連となり、同局『木更津キャッツアイ』02とその映画版2作、『マンハッタンラブストーリー』03、『タイガー&ドラゴン』05、『流星の絆』08、『うぬぼれ刑事』10、宮藤が初監督した「真夜中の弥次さん喜多さん」05にも顔を見せている。吉田とはおしどり夫婦として知られ、2003年に吉田が肺癌の手術を受けた際も献身的に夫を支えた。

キネマ旬報の記事

1978年8月上旬号

ニッポン個性派時代:第21回 森下愛子