男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

空飛ぶタイヤ

  • そらとぶたいや
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    76.7点(611人)

  • 観たひと

    816

  • 観たいひと

    80

  • レビューの数

    97

基本情報

ジャンル 社会派 / 文芸 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/6/15
上映時間 120分
製作会社 (企画:松竹/制作プロダクション:松竹撮影所/制作協力:松竹映像センター)
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督本木克英 
脚本林民夫 
原作池井戸潤:(『空飛ぶタイヤ』(講談社文庫、実業之日本社刊)」)
製作総指揮大角正 
エグゼクティブプロデューサー吉田繁暁 
プロデューサー矢島孝 
石田聡子 
撮影藤澤順一 
美術西村貴志 
装飾湯澤幸夫 
音楽安川午朗 
音楽プロデューサー高石真美 
録音栗原和弘 
照明長田達也 
編集川瀬功 
ラインプロデューサー山田彰久 
製作担当米田伸夫 
プロダクション・マネージャー小松次郎 
助監督向井澄 
スクリプター小関ひろみ 
宣伝プロデューサー松浦由里子 

キャスト

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

予告編


     

解説

直木賞作家・池井戸潤によるベストセラー小説を「超高速!参勤交代」の本木克英監督が長瀬智也主演で映画化。ある日突然起きたトラックの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松は車両の欠陥に気づき、製造元・ホープ自動車に再調査を要求するが……。共演は「結婚」のディーン・フジオカ、「嘘を愛する女」の高橋一生、「超高速!参勤交代」の深田恭子、「団地」の岸部一徳、「散歩する侵略者」の笹野高史。脚本を「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」の林民夫、撮影を「ソロモンの偽証」の藤澤順一、音楽を「エルネスト」の安川午朗が担当する。

あらすじ

よく晴れた日の午後。1台のトラックが起こした事故によって主婦が死亡。事故を起こした運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)は、走行中のトラックから突然タイヤが外れたことによる事故だと警察から聞かされる。整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングを受ける日々のなか、赤松はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車販売部カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)へ再調査を要求する。同じ頃、ホープ銀行本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始していた。遅々として進まない状況に苛立ち、赤松は自らの足で調査を始めるが、やがて、大企業のリコール隠しがあったことを突き止める。赤松は親から引き継いだ会社や社員、そして家族を守るため、何よりも自らの正義のために巨大企業に戦いを挑むのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出日本映画ベスト・テン

2018年8月下旬号

上半期決算特集 2018年の日本映画はどうなっているんだ!:「空飛ぶタイヤ」が担う時代の気分

読者の映画評:「空飛ぶタイヤ」田中敏巳/「焼肉ドラゴン」松本ひろみ/「虹色デイズ」保坂朱美

2018年7月上旬号

「空飛ぶタイヤ」:インタビュー 池井戸潤[原作]

REVIEW 日本映画&外国映画:「空飛ぶタイヤ」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.20 山下智久「劇場版コード・ブルー」特集!

Special Interview RECOMMENDED NEW SUMMER MOVIES AND PERSONS:阿部顕嵐「空飛ぶタイヤ」

2018年6月下旬号

「空飛ぶタイヤ」:対談 長瀬智也×ディーン・フジオカ

「空飛ぶタイヤ」:インタビュー 本木克英[監督]

「空飛ぶタイヤ」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「空飛ぶタイヤ」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.19 櫻井翔1万2000字インタビュー

Special Interview カメラマン藤澤順一が観た撮影現場の長瀬智也:「空飛ぶタイヤ」

Presents ジャパンプレミア&完成披露試写会ご招待など:「OVER DRIVE -オーバードライブ-」、「空飛ぶタイヤ」、「虹色デイズ」、「蝶の眠り」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.18 高橋一生と映画

Shooting Reports 新着! 撮影現場ルポ:長瀬智也×ディーン・フジオカ×高橋一生「空飛ぶタイヤ」