男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

佐々木蔵之介

  • Kuranosuke Sasaki
  • 出演/出演(声)
本名
出身地 京都府京都市
生年月日 1968/02/04
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

京都府京都市の生まれ。本名・佐々木秀明。神戸大学農学部在学中の1990年、劇団“惑星ピスタチオ”の旗上げに参加し、大学卒業後は広告代理店に就職もしたが演劇活動は並行して行ない、2年半で会社は辞めて、客演なども含め関西を拠点に同劇団の看板俳優として活躍を続ける。98年に劇団を退団。翌99年のTBS『天国に一番近い男』でテレビドラマに初出演し、2000年のNHK連続テレビ小説『オードリー』で演じた時代劇スターの役で注目される。以降も、TBS『ハンドク!!!』01、『Mの悲劇』05、NHK『東野圭吾ミステリー・悪意』01、『風林火山』07、フジテレビ『美女か野獣』『白い巨塔』03、『離婚弁護士』04・05、『医龍/Team Medical Dragon』06~10、『鹿男あをによし』08、テレビ朝日『下北サンデーズ』06、日本テレビ『バンビ~ノ!』07、『斉藤さん』08など、多くのテレビドラマで印象的な好助演を重ねた。映画は、02年のオムニバス「Jam Films」の堤幸彦監督篇「HIJIKI」で初出演し、ひじき嫌いの立て籠り犯をペーソス豊かに巧演。村上正典監督「電車男」05、本広克行監督「サマータイムマシン・ブルース」05などを経て、06年の森田芳光監督「間宮兄弟」では、仲の良い弟との快適な暮らしを優先するあまり恋愛には不器用な兄を快演して初主演を飾った。森田監督「椿三十郎」07では、黒澤明監督のオリジナル版で小林桂樹が演じた敵方の飄々とした侍を、内田けんじ監督「アフタースクール」08では、巧妙なプロットを的確に代弁する謎の探偵を、堤監督「20世紀少年」三部作08~09では、終幕に向けて存在感を増す“フクベエ”をそれぞれ力演した。近年は、部下の信頼も厚い主人公の刑事を好演するTBS『ハンチョウ・神南署安積班』シリーズ09~のほか、テレビ朝日『ギラギラ』08、『秘密』10、NHK『チャレンジド』09などドラマでの主演作が続く。05年に起ち上げた演劇ユニット“Team申”の公演など、舞台でも精力的に活動。

キネマ旬報の記事

2016年9月上旬号

FACE:佐々木蔵之介 「超高速!参勤交代 リターンズ」

2014年7月上旬号

FACE:佐々木蔵之介

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光 追悼 森田を語る20人 インタビュー:佐々木蔵之介

2008年5月下旬号

巻頭特集 「アフタースクール」:佐々木蔵之介 インタビュー

巻頭特集 「アフタースクール」:俳優・佐々木蔵之介の魅力を語る

2007年7月上旬号

巻頭特集 「憑神」:佐々木蔵之介 インタビュー

2006年5月下旬号

巻頭特集 「間宮兄弟」:対談:佐々木蔵之介×塚地武雅

2002年12月下旬号

特集 「Jam Films」:佐々木蔵之介 インタビュー