男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

矢島健一

  • Kenichi Yajima
  • 出演
本名
出身地 岐阜県
生年月日 1956/03/01
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

岐阜県の生まれ。明治学院大学法学部を卒業後、東宝現代劇研究所、TBS緑山塾で演技を学ぶ。1981年、山田太一脚本のTBS『想い出づくり。』で俳優としてデビュー。その後も、数々のテレビドラマや舞台で活躍を続け、90年代に入ると、原田眞人監督のOV『タフ』90~92で演じたニヒルで冷酷なやくざ役で脚光を浴びる。以降も原田監督作品には重用され、インテリふうのやくざの若頭を軽妙に演じた「KAMIKAZE TAXI」95、腐敗した銀行を身体を張って再生させようと奮闘する“ミドル4人組”の一員を快演した「金融腐蝕列島・呪縛」99、武闘派の機動隊長役で作品のボルテージを上げる「突入せよ!・『あさま山荘』事件」02、生徒が次々と自殺を遂げる女子高の校長を妙演した「伝染歌」07などに出演を重ねる。ほかにも、北野武監督「ソナチネ」93の主人公の狡猾な兄弟分のやくざ、滝田洋二郎監督「陰陽師」01の勢力争いの渦中で勝者の余裕すら漂わす公家、樋口真嗣監督「日本沈没」06の対外交渉に懸命な外務大臣など、いかなる役柄にもなじむ適応力を持ち、同じ刑事役であれ、少々気障な台詞を吐きつつボクサー上がりの主人公にモーションをかける青山真治監督「WiLd LIFE」97から、凄まじい秘密で捜査を撹乱する生活安全部長を力演した角川春樹監督「笑う警官」09まで、多彩に演じ分ける。膨大な作品数に出演して、悪役・汚れ役を中心にしつつも、温厚な市井の人やコメディリリーフも巧みに演じ、観る者の期待を大胆に裏切り続けている。テレビドラマも、NHK『春よ、来い』94、『新選組!』04、『篤姫』08、『再生の町』09、『おひさま』11、TBS『ケイゾク』99、『夜王』06、『官僚たちの夏』09、フジテレビ『顔』03、『トップキャスター』06、『イノセント・ラヴ』08など多数。

キネマ旬報の記事

1995年9月上旬号

ビデオ:矢島健一 インタビュー