男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

浅利陽介

  • Yosuke Asari
  • 出演
本名
出身地 東京都
生年月日 1987/08/14
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都の生まれ。幼時から劇団東俳に所属し、1991年にCMでデビュー。以降も子役として、NHK大河ドラマ『秀吉』96、『元禄繚乱』99などに出演後、NHK連続テレビ小説『あすか』99でヒロインの相手役・藤木直人の少年時代を、日本テレビ『永遠の仔』00で母親から虐待を受けた青年役・椎名桔平の少年時代の壮絶な過去を、NHK大河ドラマ『北条時宗』01では時宗の少年期とその孫・高時の二役を好演する。同じ役を演じる年長の俳優に的確なバトンを渡すと同時に、プレッシャーをも与える名子役として活躍。そして、TBSの人気シリーズ『キッズ・ウォー3』01の、ワルぶるが弟想いの赤髪少年役で注目を集める。その後は子役から若手俳優へと順調に転じ、NHK『新選組!』04、TBS『タイガー&ドラゴン』05、フジテレビ『僕の歩く道』06などのドラマでキャリアを重ね、08年はTBS『ROOKIES』、フジテレビ『コード・ブルー/ドクターヘリ緊急救命』と、話題作に立て続けに出演した。映画も、2002年の佐藤敏宏監督「今昔伝奇・剣地獄」で初出演。主人公・中村獅童の青春時代に潤いを与えた土井裕泰監督「いま、会いにゆきます」04などを経て、浅利自身念願だったという山崎貴監督「ALWAYS/続・三丁目の夕日」07に出演する。翌08年は、北村拓司監督「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」で、口ばかりで何も達成できない今どきの高校生役、本田隆一監督「GSワンダーランド」では王子様ルックに身を包む“ザ・タイツメン”のメンバー、瀧本智行監督「イキガミ」では死亡予告証を受け取るや、いじめた相手に復讐する青年の切ない狂気を鮮烈に演じるなど、それぞれに印象的な出演作が相次いだ。その後も、カメラマンの加藤雄大が初監督をつとめた「手のひらの幸せ」10で映画初主演し、養父母の愛に支えられつつ生き別れた兄を慕う弟を好演。同年の下村優監督「パートナーズ」では、盲導犬訓練士となることに生きがいを見出す若者の成長を丹念に演じた。翌11年、再び下村監督と組んだBSフジ『ひとりじゃない』で連続ドラマ初主演をつとめ、事故で四肢麻痺となった青年の絶望に射し込む希望を見事に体現した。

キネマ旬報の記事