男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

升毅

  • Takeshi Masu
  • 出演
本名
出身地 東京都新宿区
生年月日 1959/12/09
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都新宿区の生まれ。近畿大学商経学部経済学科在学中の1975年、NHK大阪放送劇団付属研究所に研究生として所属し、NHK『紬の里』の端役でテレビドラマに初出演する。翌76年には『ロンググッドバイ』で初舞台を踏み、78年の大学卒業後も舞台を中心に活動を続ける。80年、大阪演劇フェスティバル新人賞を受賞。映画初出演は81年の井筒和幸監督「ガキ帝国」で、“明日のジョー”こと高常勝役を演じた。85年、立原啓裕、牧野エミと演劇ユニット“売名行為”を結成。同じように関西の劇団で活躍していた生瀬勝久、古田新太、山西惇らとともに、大阪・読売テレビのコントバラエティ『現代用語の基礎体力』89~90、『怒涛のくるくるシアター』90~92などに出演して、人気を獲得していった。91年に売名行為を解散し、自ら主宰の劇団MOTHERを旗揚げ。“ギャグ・ファンタジー”を標榜したポップな作風で人気を集めて東京にも進出し、升個人としての俳優活動も増えていく。大阪時代も、関西製作のテレビドラマにいくつも出ていたが、東京進出後は本格的に映像ジャンルにも乗り出し、フジテレビ『沙粧妙子・最後の事件』95、『翼をください!』96、『らせん』99、日本テレビ『恋のバカンス』97、テレビ朝日『OLヴィジュアル系』00・01などのドラマに相次いで出演。クールなエリート役や狂気を秘めた人物からコメディリリーフ的な存在まで、幅広く演じられる個性派俳優として認知される。映画では、本広克行監督「7月7日、晴れ」96、落合正幸監督「催眠」99など多数に助演し、98年の新村良二監督「バブルと寝た女たち」では、バブル期の銀座でホステスのアルバイトをするヒロインの美大生と愛人契約を結ぶ実業家に扮して準主演、バブル崩壊で自滅していく男の悲哀を巧みに演じた。2002年に劇団MOTHERは解散するが、以降も数々の舞台で精力的に活動し、膨大な数の映画・ドラマで名バイプレイヤーとしての存在感を発揮し続けている。

キネマ旬報の記事