男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

六角精児

  • Seiji Rokkaku
  • 出演
本名 山地克明
出身地 兵庫県
生年月日 1962/06/24
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

兵庫県の生まれ。本名・山地克明。神奈川県立厚木高校在学中に、のちに劇作家・演出家となる横内謙介率いる演劇部に所属し、横内の処女作『山椒魚だぞ!』で全国高等学校演劇大会に関東代表として出場。優秀賞と創作脚本賞を受賞する。浪人時代の1981年、横内を中心に旗揚げされた劇団模様劇場に参加。その後、横内ら高校時代の仲間と“善人会議”を結成し、それまでの本名から“六角精児”に改名して、『冬のコンサート・優しさを持て余した、僕たちは』83、『家庭の悲劇』85、『夜曲・放火魔ツトムの優しい夜』86、『フォーティブラス』90などで看板役者として活躍する。80年代小劇場ブームにおける人気劇団のひとつとなった善人会議は、93年から“劇団扉座”と改称し、以降も横内、六角らを中心に活動を続ける。94年に、蜂須賀健太郎監督のオムニバス「黄昏のアインシュタイン」の駅員役で映画初出演。その後はテレビドラマにも進出し、フジテレビ『ナニワ金融道』96~05の帝國金融社員・元木清、三谷幸喜脚本の同局『合い言葉は勇気』00の役所広司のマネージャー役などで注目される。2000年、出世作となるテレビ朝日『相棒』の最初の単発ドラマ版第2作に、鑑識課員・米沢守役で出演。特命係を陰からサポートし、時に事件解決の糸口を示す米沢を軽妙洒脱に演じ、以降のシリーズでもレギュラーとして登場する。数多い脇役たちの中でもひと際高い人気を獲得して、米沢を主人公としたスピンオフ「鑑識・米沢守の事件簿」09で映画初主演も飾った。舞台で鍛えた演技力と特異な風貌から、映画・ドラマで個性的な脇役を多くつとめ、フジテレビ『電車男』05の関西弁のネット掲示板住人、日本テレビ『セクシーボイスアンドロボ』07のフィギュアオタクなどが印象に残る。テレビドラマはほかに、フジテレビ『ロケット・ボーイ』01、『Ns'(ナース)あおい』06、NHK『こころ』03、日本テレビ『すいか』03、『傍聴マニア09・裁判長!ここは懲役4年でどうすか』09、テレビ朝日『アンナさんのおまめ』06、『同窓会/ラブ・ゲイン症候群』10、『陽はまた昇る』11、TBS『オルトロスの犬』09、『美男(イケメン)ですね』11、BS朝日『7万人探偵ニトベ』09、『家族法廷』11など多数。

キネマ旬報の記事

2009年4月上旬号

インタビュー:六角精児「鑑識・米沢守の事件簿」

HOT SHOTS:「鑑識・米沢守の事件簿」六角精児