男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラストシーン

  • らすとしーん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.1点(33人)

  • 観たひと

    57

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2002/11/9
上映時間 100分
製作会社 DIGITAL NEGA
配給 オズ=オムロ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督中田秀夫 
脚本中村義洋 
鈴木謙一 
原案一瀬隆重 
エグゼクティブプロデューサーサンキュー・チョー 
共同エグゼクティブプロデューサーキャリーオン 
クラレンスタン 
プロデューサーマシュー・ジェイコブズ 
撮影前田米造 
音楽ゲイリー芦屋 
照明鳥越正夫 
キャスティング山口正志 
アソシエイト・プロデューサー後藤順 
ラインプロデューサー金子哲男 

キャスト

解説

映画撮影の舞台裏を背景に、映画を愛する人々、そして映画に携わる人々の絆を描いた人間ドラマ。監督は、日活撮影所に助監督として入社し、撮影所システムで育った最後の世代とも言える「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫。出演は麻生久美子、西島秀俊。

あらすじ

1965年。普及し始めたテレビにより映画界が暗い影を落とし始めた頃、スター俳優・三原健(西島秀俊)は、コンビを組んできた女優の引退で役を奪われ、妻の千鶴にもつらく当たっていた。その直後、千鶴の訃報が伝えられた。時は経ち2000年。人気TVドラマの映画化の撮影中のスタジオ。映画に不慣れな TV 出身の監督に違和感を感じながらも撮影を続けるスタッフたち。ミオ(麻生久美子)も、夢を抱いて入った映画界の不条理な現実に意欲を失いつつある。そんな時、代役としてある老人が撮影所に現れる。それは三原健の変わり果てた姿だった……。

関連するキネマ旬報の記事

2003年1月上旬新年特別号

劇場公開映画批評:ラストシーン

2002年11月下旬号

REPORT:映画「ラストシーン」に込められたもの