男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

大杉漣

  • Ren Osugi
  • 出演/ナレーション/出演(声)
本名 大杉孝
出身地 徳島県小松島市
生年月日 1951年9月27日
没年月日 2018年2月21日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

徳島県小松島市の生まれ。本名・大杉孝。明治大学在学中の1973年、雑誌『新劇』に掲載された転形劇場の主宰者・太田省吾の記事に感銘を受け、大学を中退して太田の劇団員募集広告に応募し、研修生となる。同年6月、別役実・作『門』で舞台俳優としてデビュー。以後、88年の劇団解散まで在籍する。映画には高橋伴明監督の「緊縛いけにえ」80で初出演。以降は多数のピンク映画に出演する一方で、81年の井筒和幸監督「ガキ帝国」からは一般映画にも出演する。83年、滝田洋二郎監督「連続暴姦」でズームアップ映画祭の主演男優賞を受賞。周防正行監督「変態家族・兄貴の嫁さん」84では、笠智衆を彷彿とさせる老け役に33歳で挑み注目される。88年の片岡修二監督「地下鉄連続レイプ・愛人狩り」を最後にピンク映画から離れ、舞台を中心に活躍するが、89年の周防正行監督「ファンシイダンス」で映像の世界へ復帰。以後はオリジナルビデオを中心に多数の作品に出演した。93年、北野武監督「ソナチネ」のオーディションに合格し、やくざの幹部を飄々とした味わいで演じて、一躍注目を集める存在となった。SABU監督「ポストマン・ブルース」97で報知映画賞とおおさか映画祭の助演男優賞を、北野監督「HANA-BI」98と崔洋一監督「犬、走る/DOG RACE」98ほかで、キネマ旬報賞、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞、ヨコハマ映画祭など多数の助演男優賞を受賞。ここから活動の場はテレビドラマにも広がり、圧倒的な数量の作品をこなしつつ、演じる役柄も多岐に渡る。廣木隆一監督「不貞の季節」00、園子温監督「エクステ」06、大森美香監督「ネコナデ」08は、貴重な一般映画での主演作。ピーク時にはOVを含めて年間20本以上の作品に出た時期もあり、その旺盛な仕事ぶりから“300の顔を持つ男”とも呼ばれた。近年は出演本数こそ落ち着いたが、あらゆる映像メディアに欠かせない演技派俳優として活躍を続ける。テレビドラマの出演作に、テレビ朝日『プリズンホテル』99、『眠れぬ夜を抱いて』02、フジテレビ『太陽は沈まない』00、『僕の生きる道』03、NHK『義経』05、『ゲゲゲの女房』10、日本テレビ『神はサイコロを振らない』06、TBS『生まれる。』11、テレビ東京『IS/男でも女でもない性』11など多数。舞台、CM、バラエティ番組出演、ドキュメンタリー番組などのナレーションと幅広く活躍するほか、サッカーに対する造詣の深さから、サッカー関連の番組にゲストとして招かれることも多い。2018年2月21日午前3時53分、急性心不全により死去。享年66歳。

キネマ旬報の記事

2018年5月下旬号

WORLD REPORT:日本 「大杉漣さんお別れの会」ルポ

2018年5月上旬特別号

追悼 現場者・大杉漣:グラビア

追悼 現場者・大杉漣:北野武の言葉より

追悼 現場者・大杉漣:役を“生きる” 大杉漣さんという俳優について

追悼 現場者・大杉漣:大杉漣フィルモグラフィー

2014年11月上旬号

ヤクザ、アクション、ギャンブル、エロス!!! 俺たちの好きなVシネマ:インタビュー 大杉漣

2012年10月上旬号

巻頭特集「終の信託」:大杉漣(「変態家族 兄貴の嫁さん」出演)が語る周防正行の原点

2005年9月下旬号

FACE2005:大杉漣

2004年2月上旬号

特別企画 祝・主演100本 「ゼブラーマン」公開記念 哀川翔:「ゼブラーマン」キャストコメント(渡部篤郎、内村光良、大杉漣)

2000年10月上旬秋の特別号

HOT SHOTS:大杉漣(「不貞の季節」)

1999年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演男優賞 大杉漣

1998年12月上旬号

巻頭特別企画 がんばれ!日本映画 ニッポン新個性派時代:対談 大杉漣×田口トモロヲ

1998年10月下旬秋の特別号

作品特集 犬、走るDOG RACE:大杉漣 インタビュー

1998年1月下旬号

巻頭特集 HANA-BI:「HANA-BI」を彩る俳優たち 大杉漣 インタビュー

1992年1月上旬号

ビデオ:Knock on the People 大杉漣