男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

西島秀俊

  • Hidetoshi Nishijima
  • 出演/出演(声)
本名
出身地 東京都
生年月日 1971/03/29
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都の生まれ。子供の頃から映画が好きで、映画の仕事を志し、東京アクターズスタジオに第1期生として在籍。同期には裕木奈江がいた。横浜国立大学工学部在学中の1990年、芸能事務所のオーディションに合格し、端役で数本のドラマに出演したのち、92年のテレビ朝日『はぐれ刑事純情派』の第5シリーズに、若手刑事・中上役でレギュラー出演して本格的な俳優デビューを飾る。続いて、93年のフジテレビ『あすなろ白書』では、筒井道隆演じる掛居保に想いを寄せる同性愛者の大学生・松岡役を好演。180cm近い長身と端正な顔立ちとで一躍脚光を浴びた。翌94年、渡邊孝好監督「居酒屋ゆうれい」で映画初出演してからは活動の中心を映画にシフトし、崔洋一監督「マークスの山」95、降旗康男監督「藏」95、諏訪敦彦監督「2/デュオ」97など多数に出演を重ねる。99年の黒沢清監督「ニンゲン合格」では、10年間の昏睡状態から覚めて失われた家族の絆を取り戻そうとする主人公・吉森豊を好演。日本映画プロフェッショナル大賞の主演男優賞を受賞した。2002年には、北野武監督「Dolls」、石川寛監督「tokyo.sora」、中田秀夫監督「ラストシーン」、斎藤久志監督「いたいふたり」と主演映画4本が相次いで公開される活躍。その後も、やや陰のある二枚目俳優として、メジャー作品から意欲的なインディーズ作品にまで幅広く出演し、萩生田宏治監督「帰郷」05で二度目の日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞、門井肇監督「休暇」08ではヨコハマ映画祭の助演男優賞を受賞している。テレビドラマはほかに、NHK『毛利元就』97、『純情きらり』06、『ジャッジ・島の裁判官奮闘記』07・08、TBS『笑顔の法則』03、テレビ朝日『菊次郎とさき』03・05、日本テレビ『仔犬のワルツ』04、フジテレビ『大奥・第一章』04、『リアル・クローズ』09、『ジェネラル・ルージュの凱旋』10、『スクール!!』『僕とスターの99日』11など。

キネマ旬報の記事

2021年8月上旬号

巻頭特集 「ドライブ・マイ・カー」 いま、濱口竜介が(日本)映画を更新する:インタビュー 西島秀俊[主演]

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.28 「HiGH&LOW THE WORST」

Special Interview 西島秀俊「任侠学園」:

2018年10月上旬号

巻頭特集 「散り椿」:インタビュー 西島秀俊

2017年11月上旬特別号

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」第一弾:対談 西島秀俊×宮﨑あおい

2016年6月下旬号

Special Cross Talk 1:西島秀俊×香川照之 「クリーピー 偽りの隣人」

2015年11月下旬号

FACE:西島秀俊「劇場版 MOZU」

2012年3月上旬号

FACE:西島秀俊

2011年11月下旬号

巻頭特集 キャメラの前に“立つ”役者 西島秀俊、エモーションに向かう:インタビュー 西島秀俊 もっと遠くへ

巻頭特集 キャメラの前に“立つ”役者 西島秀俊、エモーションに向かう:現場ルポ “激しい”西島さんを見た-「CUT」の現場から-

巻頭特集 キャメラの前に“立つ”役者 西島秀俊、エモーションに向かう:水の中を泳ぐモンスター/諏訪敦彦[映画監督]

巻頭特集 キャメラの前に“立つ”役者 西島秀俊、エモーションに向かう:コラム 声の佇まい

2010年2月上旬号

FACE:西島秀俊

2009年6月上旬号

DVDがおもしろい!:DVDコレクション No.414 「休暇」西島秀俊インタビュー

2007年1月下旬号

FACE2007:西島秀俊

2006年1月下旬特別号

特別企画 第6回東京フィルメックス レポート:コンペティション審査員西島秀俊、東京フィルメックスを語る

2005年6月下旬号

HOT SHOTS:西島秀俊

2002年10月下旬号

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:西島秀俊 インタビュー

1999年1月下旬号

HOT SHOTS:西島秀俊

1998年2月上旬号

特集 アートフル・ドヂャース:西島秀俊論

1997年8月上旬号

特集 2/デュオ:座談会 柳愛里×西島秀俊×諏訪敦彦

1996年6月上旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンで闘う若手男優たち:西島秀俊

1996年2月上旬号

グラビア <Hot Shots[最新ニュース]> :「セラフィムの夜」の西島秀俊