男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

根岸季衣

  • Negishi Toshie
  • 出演
本名 根岸俊恵
出身地 東京都豊島区
生年月日 1954/2/3
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都豊島区の生まれ。本名・根岸俊恵。活発な演劇少女で、桐朋学園大学短期大学部に進み演劇を専攻。在学中から“嵯峨小夏”の芸名(“がさつな子”のアナグラム)を使って学外出演する。1974年頃からつかこうへいの劇団稽古場へ出入りして、大学を中退。75年につか作・演出の舞台『ストリッパー物語』の明美役に抜擢され、“根岸とし江”の芸名で主演する。これが大評判となって続演を重ね、姉妹編的な『ヒモのはなし』78にも出演。70年代のつかブームを牽引した。屈折した男女が激しく葛藤するつか作品での鋭い存在感は映画界でも早くから注目され、映画初出演は「新女囚さそり・701号」76の女囚役。藤田敏八監督「帰らざる日々」78、今村昌平監督「復讐するは我にあり」79などで好助演を続け、NHKのドラマ『愛さずにいられない』80から現在の芸名に改めた。83年、大林宣彦監督「時をかける少女」の教師役と、TBSのドラマ『ふぞろいの林檎たち』の主人公(中井貴一)の義姉役で広く知名度を得る。大林作品ではその後、「その日のまえに」08まで大半に顔を出す常連に。熊井啓監督「海と毒薬」86、黒澤明監督「夢」90、「八月の狂詩曲」91などを経て、針を振り切ったようにあらゆるジャンルの映画、テレビドラマに精力的に出演。がさつなおばさん、平凡な主婦、怪物的な老婆と七変化で演じ分けつつ、どれも地の人間味が滲み出る点に凄みを持つトップクラスの脇役女優である。81年に結婚した作詞家・大津あきらと97年に死別。歌手活動も行なっており、08年にバンドのメンバー・宇賀啓祐と再婚した。

キネマ旬報の記事