男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

中村義洋

  • Yoshihiro Nakamura
  • 監督/脚本/出演/製作
本名
出身地 茨城県
生年月日 1970/08/25
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ジャンルを問わず職人的な活躍を見せる娯楽映画のホープ】茨城県生まれ。成城大学で映画研究部に所属し、在学中の1993年に監督した8ミリ短編「五月雨厨房」がPFFアワード93で優秀作品賞を受賞する。卒業後、崔洋一、伊丹十三、平山秀幸などの下で助監督としてキャリアを積む。その一方で鈴木謙一と共同で脚本家としても活動し、中田秀夫監督「仄暗い水の底から」(02)、金子修介監督「恋に歌えば♪」(02)、崔洋一監督「クイール」(04)などの脚本を担当した。監督作でも自ら脚本を手がけることが多く、鈴木とのコンビは断続的ながら継続している。また、鈴木たちと結成した映像コントユニット“小鳩の会”での作品発表や、ホラービデオ『ほんとにあった!呪いのビデオ』シリーズで構成やナレーションを長年担当するなど、幅広い活動を続けている。劇場映画監督デビューは99年の自主製作による16ミリ中編「ローカルニュース」。その後、オムニバスやビデオ作品でキャリアを重ね、2005年には「あそこの席」「@ベイビーメール」「絶対恐怖・ブース」のホラー3本が連続公開。続く多部未華子主演のファンタジー「ルート225」(06)で注目され、伊坂幸太郎の小説の映画化作品「アヒルと鴨のコインロッカー」(07)を手がけると、これが原作ファン、映画ファン双方から高い評価を受けるとともに興行的にも大成功を収めた。これで第一線に踊り出た中村は、ベストセラー小説を次々と映画化。08年には海堂尊原作の医療ミステリー「チーム・バチスタの栄光」、芥川賞作家・長嶋有の「ジャージの二人」を立て続けに監督する。その後、完成作品が原作者から好評を得たことで他の作品の映画化も任されるようになり、伊坂原作では「フィッシュストーリー」(09)、「ゴールデンスランバー」(10)、海堂原作では「ジェネラル・ルージュの凱旋」(09)と、順調に作品を発表し続けている。「ちょんまげぷりん」が10年夏公開された。【ベストセラー小説を巧みに映画化】いわゆる邦画バブルを背景とした小品群で実績を重ね第一線に躍り出た、現代日本映画界においては貴重な職人派。脚本家、助監督としても数多くの経験を積み重ねてきただけあって、娯楽作品を中心にジャンルを問わず安定した力を発揮する。ここ数年は年2本以上という早いペースながら一定のクオリティを保ち、手堅い仕事を見せた。そこではおよそ日常の地平を出発点として癖のあるドラマに展開していく。近作の特徴である小説の映画化に関しても、原作そのままではなく映画として再構成した上でトリッキーな原作の持ち味を引き立てるなど、作家としての実力も高評価された。その反面、原作の知名度に隠れ、中村自身の名前が今ひとつ一般に浸透していないのが現状。主だった映画賞での受賞経験もないが、全国公開規模作における第一線での活躍はコンスタントに続く。

キネマ旬報の記事

2017年7月上旬号

正統派と自由の合流 「忍びの国」:中村義洋[監督]インタビュー  理屈のとおる自由、これが自分のテーマ

2014年4月上旬号

【巻頭特集】綾野剛、ふたたび:綾野剛を語る(1)中村義洋(「白ゆき姫殺人事件」監督)

2012年5月下旬号

伊坂幸太郎(原作)×中村義洋(監督)のクロストーク:僕たちが『ポテチ』を映画化した理由

2010年8月上旬号

インタビュー:中村義洋「ちょんまげぷりん」監督

2010年1月下旬号

巻頭特集「ゴールデンスランバー」:中村義洋監督インタビュー

巻頭特集「ゴールデンスランバー」:中村義洋監督に贈る

2009年3月下旬号

SPECIAL INTERVIEW:中村義洋監督、「ジェネラル・ルージュの凱旋」「フィッシュストーリー」への思いを語る

2008年11月下旬号

巻頭特集 実存演者 堺雅人・考:作り手が見た堺雅人

2008年8月上旬号

特集 「ジャージの二人」:中村義洋監督 インタビュー

2008年2月上旬1500号記念特別号

作品特集 「チーム・バチスタの栄光」:中村義洋[監督] インタビュー

2007年12月上旬号

巻頭特集 映画の男:中村義洋監督が語るニッポン男優

2007年7月上旬号

作品特集 「アヒルと鴨のコインロッカー」:中村義洋[監督] インタビュー