男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

超高速!参勤交代 リターンズ

  • ちょうこうそくさんきんこうたいりたーんず
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    70.5点(429人)

  • 観たひと

    574

  • 観たいひと

    115

  • レビューの数

    66

基本情報

ジャンル 時代劇 / コメディ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016/9/10
上映時間 119分
製作会社 「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会(企画:松竹/制作プロダクション:松竹撮影所/制作協力:松竹映像センター)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督本木克英 
脚本土橋章宏 
原作土橋章宏:(『超高速!参勤交代 老中の逆襲』(講談社刊))
製作総指揮大角正 
エグゼクティブプロデューサー関根真吾 
プロデューサー矢島孝 
プロデューサー補西麻美 
撮影江原祥二 
美術倉田智子 
装飾中込秀志 
音楽周防義和 
音楽プロデューサー高石真美 
主題歌斉藤和義:(「行き先は未来」(スピードスターレコーズ))
録音山本研二 
整音岸田和美 
照明香川一郎 
編集川瀬功 
ラインプロデューサー溝口豊 
製作担当杉浦敬 
山田智也 
演技事務岡原伸幸 
助監督石田和彦 
スクリプター西岡智子 
VFXプロデューサー西尾健太郎 
操演羽島博幸 
殺陣中村健人 

キャスト

出演佐々木蔵之介 内藤政醇
深田恭子 お咲
伊原剛志 雲隠段蔵
寺脇康文 荒木源八郎
上地雄輔 秋山平吾
知念侑李(Hey! Say! JUMP)鈴木吉之丞
柄本時生 増田弘忠
六角精児 今村清右衛門
古田新太 大岡忠相
近藤公園 瀬川安右衛門
渡辺裕之 諸坂三太夫
中尾明慶 森極蔵
橋本じゅん 福田弥之助
宍戸開 柳生幻道
富田靖子 荒木富江
大鶴義丹 
舞羽美海 
宍戸美和公 
神戸浩 
梨本謙次郎 
斉藤歩 
田中壮太郎 
田口浩正 
西村雅彦 相馬兼嗣
市川猿之助 徳川吉宗
石橋蓮司 松平輝貞
陣内孝則 松平信祝

(C)2016「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会

予告編


     

解説

急な参勤交代を命じられた弱小藩の奮闘を描き第57回ブルーリボン賞作品賞を獲得した時代劇コメディの続編。金も人手も時間もない中、知恵と工夫をこらし江戸に参勤した湯長谷藩一行。帰路の途中、老中が逆襲を企て藩で一揆が起こり、さらなる危機に陥る。前作に引き続き「鴨川ホルモー」の本木克英が監督を、第37回城戸賞を受賞した土橋章宏が脚本を手がける。また、湯長谷藩藩主役の佐々木蔵之介、飯盛女から藩主の側室となったお咲役の深田恭子、老中役の陣内孝則らが再集結している。

あらすじ

老中・松平信祝(陣内孝則)の差し金により幕府から突然の参勤交代を命じられた磐城国の湯長谷藩藩主の内藤政醇(佐々木蔵之介)ら一行は、金も時間も人手もない中知恵をこらし江戸へ参勤。そして藩に戻る交代の路につくが、その途中、湯長谷で一揆が起きた旨が伝わる。参勤のときに政醇たちに敗れた信祝が、さらに大きな権力と最強の刺客を使って逆襲に出たのだった。一揆を収めるためには2日以内に藩に戻らねばならず、また、交代であるからには大名行列も必要に。行き以上の速さで宿役人の目をくらましながらなんとか湯長谷にたどり着いたものの、すでに田畑は踏み荒らされ、城を乗っ取られた後だった。城をおびただしい数の幕府軍が取り巻いているのに対し、藩主らはたったの7人。湯長谷藩は再び絶体絶命の危機に陥る。

関連するキネマ旬報の記事

2016年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:超高速!参勤交代 リターンズ

2016年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「超高速!参勤交代 リターンズ」

2016年9月上旬号

FACE:佐々木蔵之介 「超高速!参勤交代 リターンズ」

2016年7月下旬号

キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55:「It's Only The End Of The World」 「グッバイ、サマー」 「レッドタートル ある島の物語」 「君の名は。」 「哭声」 「Paterson」 「THE NEON DEMON」 「お父さんと伊藤さん」 「何者」 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」 「I, Daniel Blake」 「ミュージアム」 「海賊とよばれた男」 「美しい星」 「グッドモーニングショー」 「超高速!参勤交代 リターンズ」 「Toni Erdmann」 「THE HANDMAIDEN」 「AMY エイミー」 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」