男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

伊原剛志

  • Tsuyoshi Ihara
  • 出演/製作総指揮/脚本
本名 伊原剛
出身地 福岡県北九州市
生年月日 1963年11月6日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

福岡県北九州市の生まれ。4歳の時に大阪に移り住み、府立今宮高校を卒業後、ジャパンアクションクラブを経て、1983年の舞台『真夜中のパーティー』に本名の“伊原剛”名義で出演する。84年、鈴木則文監督「コータローまかりとおる!」で映画初出演。その後、現在の芸名に改めて、森田芳光総指揮のオムニバス「バカヤロー!・私、怒ってます」88の渡辺えり子監督篇「食べてどこがいけないの?」では、ダイエットにまで口出ししてヒロインをいらつかせる婚約者を飄々と演じて注目された。90年には、滝田洋二郎監督「病院へ行こう」、金子修介監督「香港パラダイス」、黒沢直輔監督「女がいちばん似合う職業」と出演作が相次ぎ、映画界でも頭角を現す。長谷川計二監督「仁義」91では女も惚れるヤクザ像を、高橋伴明監督「修羅の帝王」94では堅気になれない極道の悲哀を体現。金子監督「ガメラ・大怪獣空中決戦」95では保安庁の航海士役で、リアルな特撮をドラマ面で支えた。さらに、96年のNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』では浪花男の純情を愛嬌たっぷりに演じて、全国区の人気を獲得する。以後も佐々部清監督「半落ち」04では正義感の強い検事を、渡邊孝好監督「ヒナゴン」05では元不良の熱血町長を巧演し、一作ごとに新たな魅力を開拓。2006年には、クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」で海外進出し、馬術の金メダリスト・西竹一中佐を人間味豊かに好演した。以降も、パンチパーマの親父役で度肝を抜く水田伸生監督「なくもんか」09、華麗な剣さばきで魅せる三池崇史監督「十三人の刺客」10など充実の仕事ぶり。中村哲平監督「A LITTLE STEP」09では脚本・製作も手がけている。近年のドラマ出演作に、NHK『新選組!』04、フジテレビ『チーム・バチスタの栄光』08、テレビ朝日『警視庁継続捜査班』10など。『ダア!ダア!ダア!』93、『海神別荘』94、『阿修羅城の瞳』03、『ガス人間第一号』09など舞台出演にも精力的である。

キネマ旬報の記事

2005年7月下旬号

HOT SHOTS:伊原剛志