男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

富田靖子

  • Yasuko Tomita
  • 出演/音楽
本名
出身地 福岡県糟屋郡志免町
生年月日 1969/02/27
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

福岡県糟屋郡志免町の生まれ。神奈川県立港北高校卒業。1983年、史上最年少の文藝賞受賞者として話題になった堀田あけみの小説を映画化した今関あきよし監督「アイコ十六歳」のオーディションで、12万7000人の応募者の中から見事に合格し、14歳にして映画主演デビューを果たす。この時のオーディションでは松下由樹、宮崎萬純らもデビューを飾っている。弓道部に所属する平凡な女子高生・三田アイコのひと夏の青春を描いた本作で、初演技とは思えない堂々たる主演ぶりを披露すると同時に、元気いっぱいのみずみずしい魅力を発揮する。翌84年には朝間義隆監督「ときめき海岸物語」にも主演。確かな演技力も評判となり、たちまちアイドル女優の座に躍り出る。85年、「アイコ十六歳」で製作総指揮を担当した大林宣彦監督の尾道三部作第3弾「さびしんぼう」に主演。主人公が思いを寄せる古風な女子高生・橘百合子と、彼の前にピエロのような恰好で突然現れるへんてこりんな女の子“さびしんぼう”の二役を演じ分ける。思春期の恋の切なさをノスタルジックに描いた本作は、幅広い支持を獲得。富田は主題歌も担当しているが、80年代には女優と並行して歌手活動も行ない、出演作の主題歌を歌うことも多かった。なお本作以降、本名の“冨田”から芸名を“富田”に変更している。同年12月には再び大林監督の「姉妹坂」に助演しており、デビューから数年は大林の下で育てられたと言ってもいいだろう。最初の転機が訪れたのは87年。CMディレクターとして数々の話題作を手がけてきた市川準の映画監督デビュー作「BU・SU」に主演する。本作で演じたのは、屈折した性格から故郷を逃げ出した無口な芸者見習いの森下麦子役。それまでの快活でボーイッシュなイメージを覆す役柄を見事に演じ切り、女優としての懐の深さを証明した。同作でヨコハマ映画祭主演女優賞を受賞。90年代の日本映画界を支えた市川監督の船出を成功に導く。その後も就職活動中の短大生を演じた太田圭監督「ほんの5g」88や、カメラマン志望の女子大生を演じた西河克己監督「マイフェニックス」89などの主演作で、等身大の若者を伸び伸びと演じてキャリアを重ねる。94年には「釣りバカ日誌スペシャル」でレギュラーキャストの谷啓演じる佐々木課長の娘役でゲスト出演し、ドタバタ喜劇に華を添えた。90年代に入ってからは年下世代の台頭もあって、やや鳴りを潜めていたが、95年、再び世間の注目を集める。芥川龍之介の小説を原作にした香港との合作映画「南京の基督」である。香港の人気スター、レオン・カーフェイと共演した本作では、無垢な心で神の存在を信じるが病に倒れ、やがて精神が破綻してゆく娼婦・宗金花という難役を熱演。ヌードも辞さず、体当たりで官能的なシーンに挑戦して清純派のイメージから脱却した。東京国際映画祭最優秀女優賞も受賞し、演技派女優としての実力と存在感を改めてアピールする。90年代後半は、吉本ばなな原作の香港との合作映画「kitchen/キッチン」97や、乃南アサの小説を大森一樹監督が映画化したサスペンス「ジューンブライド・6月19日の花嫁」98に主演するなど活躍を続ける。30代に突入した2000年以降はやや落ち着きを見せ、「下弦の月/ラスト・クォーター」04や「君に届け」10の主人公の母親役、「ロード88・出会い路、四国へ」04の医師役など、若い世代が演じる主人公を見守る立場の役柄が増えている。私生活で、テレビのバラエティ番組で共演したダンスインストラクターの男性と07年に結婚し、一児の母になったことも、そういった変化と無関係ではないだろう。ここまで、もっぱら映画を中心に活躍してきた富田だが、テレビドラマにもデビュー直後からコンスタントに出演を重ねている。ドラマ初出演は85年のフジテレビ『一休さん』。自身の個性を活かして、男の子である“一休さん”を溌剌と演じた。その後も、石坂浩二演出の日本テレビ『なんて素敵にジャパネスク』86、同局の年末時代劇スペシャル『白虎隊』86、連ドラ初主演となったテレビ朝日『痛快!婦警候補生・やるっきゃないモン!』87、原爆投下前日の長崎の一家族の様子を描き、芸術祭作品賞を受賞した『明日/1945年8月8日・長崎』88、一色伸幸脚本のNHK『ネットワークベイビー』90、織田裕二の恋人役を演じたフジテレビ『素晴らしきかな人生』93などで活躍。97年にはNHK大河ドラマ『毛利元就』に、中村橋之助演じる元就の正室・美伊の方役で出演している。ほか、主なテレビドラマの出演作に、TBS『木曜日の食卓』92、『昔の男』01、NHK『さくら家の人々』92、『風になれ鳥になれ』97、『なごや千客万来』00、『トキオ・父への伝言』04、『チャレンジド』09、『江・姫たちの戦国』11、フジテレビ『美味(おい)しんぼ』97~99、テレビ東京『鈴木先生』11などがある。ここ最近は同年代の女優に比べて、やや目立たなくなってはいるものの、テレビ朝日『853/刑事・加茂伸之介』10では寺脇康文演じる加茂伸之介と対立する刑事・佐々木雪子を演じるなど、主演級での活躍もある。まだまだ日本映画を支える活躍を期待したい。

キネマ旬報の記事

1997年12月上旬号

FACE:富田靖子

1996年5月下旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンを彩る若手女優たち:富田靖子

1995年12月下旬特別号

インタビュー The Face '95:富田靖子

1987年11月上旬号

小特集 BU・SU:富田靖子 インタビュー