男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

インスタント沼

  • いんすたんとぬま
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.3点(388人)

  • 観たひと

    742

  • 観たいひと

    71

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/5/23
上映時間 120分
製作会社 「インスタント沼」フィルムパートナーズ
配給 アンプラグド=角川映画
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 DTS
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督三木聡 
脚本三木聡 
原作三木聡 
製作加藤武史 
鮫島文雄 
尾越浩文 
石井晃 
プロデューサー鈴木剛 
土川勉 
和泉吉秋 
撮影木村信也 
美術磯見俊裕 
音楽坂口修 
主題曲/主題歌YUKI:(「ミス・イエスタデイ」(EPICレコードジャパン))
録音小宮元 
音響効果渋谷圭介 
照明金子康博 
編集高橋信之 
衣装デザイン勝俣淳子 
ヘアメイク在間亜希子 
キャスティング石垣光代 
アソシエイト・プロデューサー渡辺正純 
制作担当市川幸嗣 
助監督中里洋一 
スクリプター/記録有馬なつみ 
スチール有本真大 
橋本剛志 
スタント・コーディネーターカラサワイサオ 
ハナメ・コスチュームデザイン山瀬公子 
製作委員新井加奈恵:(アンプラグドフィルム合同会社)
水越浩司:(角川映画)
嵐智史:(角川映画)
植田龍太郎:(ポニーキャニオン)
棚橋裕之:(ポニーキャニオン)
仁科直之:(ポニーキャニオン)
森田光哉:(シネマ・インヴェストメント)
長興明子:(シネマ・インヴェストメント)
松島友香:(シネマ・インヴェストメント)
鈴木直俊:(シネマ・インヴェストメント)

キャスト

出演麻生久美子 沈丁花ハナメ
風間杜夫 電球
加瀬亮 ガス
ふせえり 市ノ瀬千
白石美帆 立花まどか
松岡俊介 雨夜風太
温水洋一 サラリーマン
村松利史 リサイクル業者・東
松重豊 リサイクル業者・川端
森下能幸 リサイクル業者・大谷
堀部圭亮 カメラマン・氏家
江口のりこ スタイリスト・浦田
玄覺悠子 モデル・クララ
森田ガンツ 消防団・日村
少路勇介 鑑識課・中島
松浦祐也 編集部・尾形
広川三憲 バスのおじさん
粟根まこと 白い骨董屋店主
加賀谷圭 チンピラ
陰山泰 医師・高峰
才藤了介 警官
五月女ケイ子 看護師・野々山
宮藤官九郎 刑事・植木
はな 幸運を呼ぶ客
石井聰亙 釘を買う客
相田翔子 飯山和歌子
伊吹吾郎 神主
不破万作 農場・草刈正
五頭岳夫 農場・八郎
海原はるか 住職
新屋英子 オムライス屋のおばちゃん
佐々木すみ江 宿のおばちゃん
岩松了 泰安貿易・亀坂社長
渡辺哲 刑事・隈部
笹野高史 西大立目部長
松坂慶子 沈丁花翠

解説

テレビドラマシリーズ『時効警察』の演出・脚本で知られる三木聡の6本目の劇場映画監督作品となるコメディ。不器用だけど素敵な主人公がOL生活に終止符を打ち、風変わりな骨董屋に出会ったことから、自らも骨董屋となり自分らしい幸せの形をつかむまでを描く。主人公・ハナメには「カンゾー先生」の麻生久美子。骨董屋“電球”には風間杜夫が扮し怪演している。他の出演者に加瀬亮、松坂慶子、相田翔子、白石美帆など。

あらすじ

担当していた雑誌が休刊になり出版社をやめることになった編集者の沈丁花ハナメ(麻生久美子)。好きな男にも振られ、ドロ沼のようなジリ貧人生をやり直そうと身の回りの荷物を処分した矢先に衝撃の手紙を発見。そこにはハナメの実の父親が「沈丁花ノブロウ」という全く知らない男だと書かれていた。あわてて母親(松坂慶子)に聞いてみるが、母親は河童を探しに行ったとかで池に落ち病院に運び込まれてしまう。母親を見舞った後、事実を確かめようと、手紙を頼りに「沈丁花ノブロウ」を訪ねる。しかし、そこにいたのは“電球”(風間杜夫)と名乗るうさん臭い骨董屋「電球商会」の店主だった。怪しげな彼を自分の父親とは認めないハナメ。だが、そこで出会ったパンクロッカーのガス(加瀬亮)に「2人とも顔がそっくり」と言われてしまう。電球との距離が徐々に縮まっていくうちに、ハナメはいつしか骨董の魅力にはまっていき、やがて本当の父親かもしれないという気持ちが芽生え始める。電球から「骨董屋が向いている」と言われ嬉しくなったハナメは、貯金をはたいて部屋を改造し骨董屋を始めることにする。最初はなかなかお客が来なかったものの、電球からの「人生うまくいかない時は水道の蛇口をひねれ」という奇妙なアドバイスのおかげで、なんとかお店も順調にいきはじめる。時々遊びに来るガスとも仲良くなった頃、電球が店を閉めて旅に出ると言い出した。旅の資金のために怪しげな古い蔵の鍵を100万円で買ってくれと頼まれ、ハナメはうっかりそれを買ってしまう。その蔵の中にはスゴイ宝物が入っていると豪語する電球。喜んだハナメだったが、思いもよらない電球のウソが発覚。ついに腹を立て、鍵を投げつけその場を飛び出してしまう。1人で自分の店に戻ったハナメだったが、自分を本当に理解してくれたのは電球だけだったと気付く。意地を張って彼を父親と呼ばずにいたことを後悔し、急いで電球のもとを訪れた。だが、すでに彼は旅立った後だった。ハナメは電球から受け継いだ蔵の中身を確かめるべく、ガスと一緒に蔵のある村へ向かう。蔵の中は一体何なのか? そしてハナメが最後に目にしたスゴイものとは?

関連するキネマ旬報の記事

2009年12月上旬号

DVDがおもしろい!:DVDコレクション No.443 「インスタント沼」三木聡監督インタビュー

2009年6月下旬号

REVIEW 日本映画:「インスタント沼」

2009年6月上旬号

「インスタント沼」:麻生久美子インタビュー

「インスタント沼」:三木聡と「インスタント沼」考

HOT SHOTS:麻生久美子「インスタント沼」

2008年10月上旬号

撮影現場ルポ:「インスタント沼」

HOT SHOTS:撮影現場ルポ「インスタント沼」