男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

加瀬亮

  • Ryo Kase
  • 出演
本名
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1974/11/09
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。幼少期はアメリカで暮らした。中央大学商学部を卒業後、浅野忠信の付き人からスタートし、クリストファー・ドイル監督「KUJAKU/孔雀」98などの現場に参加。浅野が出演した石井聰亙監督「五条霊戦記」00の端役で俳優としてデビューする。まず注目を集めたのは2004年の熊切和嘉監督「アンテナ」で、妹の失踪に対する自責の念に悩む大学生役で主演をつとめ、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞。李相日監督「スクラップ・ヘブン」05でも主演し、復讐代行業に没頭していく警察官の危うさを見事に表現する。是枝裕和監督の時代劇「花よりもなほ」06では高崎映画祭の助演男優賞を受賞。クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」06ではハリウッド映画にも進出。以降、合作も含めた海外作品への参加は多い。07年、痴漢冤罪事件を描いた周防正行監督「それでもボクはやってない」07では、長く苦しい闘いを強いられる容疑者役で主演。キネマ旬報賞、報知映画賞などの主演男優賞を総なめにし、アジア・フィルム・アワードの主演男優賞も受賞している。柔らかな物腰が似合うことから、「めがね」07、「グーグーだって猫である」08、「プール」09といった女性観客をターゲットにした作品も多く、山田洋次監督「おとうと」09で演じた大工の役も朴訥とした雰囲気が好評を博した。その一方で、北野武監督「アウトレイジ」10では冷酷なやくざ役で強烈な印象を残すなど、年々役柄を広げている。テレビドラマへの出演は少ないが、山田太一脚本のフジテレビ『ありふれた奇跡』09で初めて連続ドラマに出演し、翌10年のTBS『SPEC/警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿』では、警視庁特殊部隊出身のキレ者の刑事・瀬文焚流役で評判となった。同作は12年に映画版も公開。

キネマ旬報の記事

2014年12月下旬号

スペシャル・グラビア:ふだん着の加瀬亮 「自由が丘で」撮影現場にて

韓国映画の「水」と「油」 ホン・サンス「自由が丘で」 キム・ギドク「メビウス」:インタビュー 加瀬亮

2013年6月上旬号

「はじまりのみち」:インタビュー 加瀬亮

2012年9月下旬号

「ライク・サムワン・イン・ラブ」:インタビュー 加瀬亮

2012年1月上旬号

加瀬亮、オフショット:

巻頭特集 加瀬亮、世界を呼吸する:ロング・インタビュー 加瀬亮 世界をまるごと捉えたい

巻頭特集 加瀬亮、世界を呼吸する:アッバス・キアロスタミ、風が吹くまま

巻頭特集 加瀬亮、世界を呼吸する:好奇と探求と/李相日[映画監督]

巻頭特集 加瀬亮、世界を呼吸する:俳優論 アンバランスのバランス

2010年2月上旬号

「おとうと」と山田洋次監督の現在:山田監督を語る 平松恵美子、笑福亭鶴瓶、加瀬亮

2009年6月上旬号

「重力ピエロ」:加瀬亮インタビュー

HOT SHOTS:加瀬亮「重力ピエロ」

2008年10月上旬号

巻頭スペシャル 先鋭映画の男:加瀬亮 インタビュー

2008年6月上旬号

巻頭特集 「山のあなた 徳市の恋」:加瀬亮 インタビュー

HOT SHOTS:加瀬亮

2008年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演男優賞 加瀬亮

2007年2月上旬号

巻頭特集 「それでもボクはやってない」:加瀬亮 インタビュー

2006年10月上旬特別号

巻頭特集 加瀬亮 包囲:加瀬亮 ロングインタビュー

巻頭特集 加瀬亮 包囲:加瀬亮をキャスティングした監督たちの証言[大林宣彦/周防正行/塚本晋也/SABU/石川寛/熊切和嘉/フランソワ・ロトゲール]

巻頭特集 加瀬亮 包囲:対談 映画俳優加瀬亮について 伊勢谷友介×李相日

巻頭特集 加瀬亮 包囲:出演作品40本フィルモグラフィ

巻頭特集 加瀬亮 包囲:加瀬亮という俳優の考察

巻頭特集 加瀬亮 包囲:新作近作情報

2006年臨時増刊 NO MOVIE, NO GIRL vol.2

INTERVIEWS:加瀬亮

2005年10月下旬号

2大対談企画 僕たちの映画について話そう!:「スクラップ・ヘブン」 李相日×加瀬亮

2004年1月下旬新春特別号

HOT SHOTS:加瀬亮

2001年11月上旬号

特集 「みすゞ」:加瀬亮 インタビュー