男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

堀部圭亮

  • Keisuke Horibe
  • 出演/監督/脚本
本名
出身地 東京都台東区
生年月日 1966/03/25
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都台東区の生まれ。俳優になるため高校を中退し、1986年、中学の同級生だった芸人の須間一弥とお笑いコンビ“パワーズ”を結成。“火野玉男”の芸名で活躍する傍ら、“竜泉”のペンネームで放送作家として、日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』などのバラエティ番組に参加する。91年のパワーズ解散後は本名で活動し、92年に勝俣州和と“K2”を結成、フジテレビ『笑っていいとも!』などに出演して人気を博す。94年の萩庭貞明監督「とられてたまるか!?」で映画初出演し、以後は主に俳優として活躍する。銃器おたくの刑事に扮した「弾丸ランナー」96以降、SABU監督作品の常連に。中でも、97年の「ポストマン・ブルース」では平凡な郵便局員の主人公の運命を一変させる、高倉健に憧れるやくざを熱い血潮をたぎらせて好演し、強烈な印象を残した。その後も、放送作家、テレビタレントとして活躍する一方、俳優のオファーも相次ぎ、99年の「鮫肌男と桃尻女」を皮切りに石井克人監督作品でも重用されて、個性的な共演陣に劣らぬ存在感を発揮する。2001年頃からK2としての活動はなくなるが、俳優としては引き続き、オカマの双子の兄役で特異な空気を醸す高田雅博監督「ハチミツとクローバー」06、劇中劇での熱演に目を奪われる三谷幸喜監督「ザ・マジックアワー」08などで多彩な演技を披露する。OV『やさぐれぱんだ/白盤・黒盤』07で監督業にも進出し、09年の「悪夢のエレベーター」では長篇映画も初監督。テレビドラマの近作に、TBS『エジソンの母』08、『ハンマーセッション!』10、NHK『バッテリー』08、『リミット・刑事の現場2』『外事警察』09、『チャンス』10、フジテレビ『ジェネラル・ルージュの凱旋』10などがあり、『12人の優しい日本人』05、『0号室の客』10などの舞台にも出演している。

キネマ旬報の記事

2009年10月下旬号

インタビュー:堀部圭亮「悪夢のエレベーター」監督