男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

嫌われ松子の一生

  • きらわれまつこのいっしょう
  • Memories of Matsuko
  • Memories of Matsuko

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    74.2点(640人)

  • 観たひと

    1304

  • 観たいひと

    81

  • レビューの数

    57

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006/5/27
上映時間 130分
製作会社 アミューズエンタテインメント/TBS/S・D・P/幻冬舎/東宝/博報堂DYメディアパートナーズ/TOKYO FM/PARCO/ホリプロ/ワーナー・ミュージック・ジャパン/スープレックス
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督中島哲也 
脚本中島哲也 
原作山田宗樹 
エグゼクティブプロデューサー間瀬泰宏 
小玉圭太 
プロデューサー石田雄治 
撮影阿藤正一 
美術桑島十和子 
音楽ガブリエル・ロベルト 
音楽プロデューサー金橋豊彦 
録音志満順一 
照明木村太朗 
編集小池義幸 
スタイリスト申谷弘美 
ヘアメイク佐藤光栄 
キャスティングプロデューサー鳥沢晋 
楠本直樹 
アソシエイトプロデューサー鈴木ゆたか 
ラインプロデューサー大里俊博 
助監督吉見拓真 
スクリプター長坂由起子 
ビジュアルエフフェクト柳川瀬雅英 
VFXプロデューサー土屋真治 
CGディレクター増尾隆幸 
振付香瑠鼓 
製作統括宮下昌幸 
近藤邦勝 
細野義朗 
島谷能成 
見城徹 
アシスタントプロデューサー盛夏子 
岡田有正 
整音太斉唯夫 

キャスト

出演中谷美紀 川尻松子
瑛太 川尻笙
伊勢谷友介 龍洋一
香川照之 川尻紀子
市川実日子 川尻久美
黒沢あすか 沢村めぐみ
柄本明 川尻恒造
木村カエラ 超人気シンガー
蒼井そら スカウトされた女の子
柴咲コウ 明日香
片平なぎさ 片平なぎさ本人役
本田博太郎 『女弁護士編』の犯人
奥ノ矢佳奈 川尻松子(子供時代)
ゴリ 大倉修二
榊英雄 めぐみのボディガード・リーダー
マギー 刑事
竹山隆範 教頭
谷原章介 佐伯俊二
甲本雅裕 売店の男
キムラ緑子 川尻多恵
角野卓造 校長
阿井莉沙 アイドル歌手
宮藤官九郎 八女川徹也
谷中敦 マネージャー・赤木
劇団ひとり 岡野健夫
大久保佳代子 岡野の妻
BONNIE PINK 綾乃
濱田マリ 起夫の妻
武田真治 小野寺
木野花 婦警
荒川良々 島津賢治
渡辺哲 刑事A
山本浩司 刑事B
土屋アンナ 女囚C:プライド
AI 女囚A:唄
山下容莉枝 女囚B:家族
山田花子 女囚D:思い出
あき竹城 係官
嶋田久作 牧師
木下ほうか ひかり荘一階の住人

解説

山田宗樹のベストセラー小説を、「下妻物語」の中島哲也が映画化。 愛情を求め続けた松子の波乱万丈の生涯を、CG、アニメ、ミュージカルなどの映像テクニックと音楽を駆使して描く。松子に「電車男」 の中谷美紀、甥の笙に「サマータイムマシーン・ブルース」の瑛太、松子の運命を狂わせる龍に「雪に願うこと」の伊勢谷友介。

あらすじ

53才で殺害死体として発見された川尻松子(中谷美紀)の半生を、甥の笙(瑛太)がたどっていく。 福岡で生まれ、病弱な妹の久美(市川実日子)と育った少女時代を経て、松子は中学の教師となった。しかし、教え子の龍(伊勢谷友介)が起こした窃盗を庇ったことで退職、その後は実らぬ恋愛を繰り返しながら堕落していく。ようやく得た新たな仕事は、中州にある特殊浴場のサービス嬢だった。一念発起した松子は、努力と研究を重ねて店のトップへのぼりつめる。しかし、風俗業界の変化の波に追われて、雄琴の店へと移る。そこで同棲していた男の浮気を知った松子は、逆上して殺害してしまう。逃亡して上京した松子は理髪店を営む島津(荒川良々)と出会い、彼の優しさに触れて同棲を始める。ようやく得たささやかな幸福もつかの間、殺人事件を捜査していた警察に逮捕される松子。それから8年間の服役生活を支えたのは、島津へのひたむきな愛だった。刑期を終えた松子は島津の店へ向かうが、すでに彼は家庭を築いていた。落胆した松子を支えるのは、刑務所内で同じ囚人仲間だった沢村めぐみ(黒沢あすか)との友情だった。ストリッパーからAV女優となっためぐみは、夫を得てたくましく生きていた。そして松子が、いまではヤクザとなった教え子の龍と再会する。お互いにすがる相手のいない二人は激しく求めあうが、その関係も龍の逮捕によって断ち切れた。ひとりアパートに閉じこもるようになった松子は、アイドルの追っかけだけを楽しみに生きる。無残に肥満化した松子は、公園で不良中学生たちから撲殺されるが、死体から離れた松子の魂は故郷へと向かって飛翔する。そんな松子の人生は不幸だけではなかったのだろうと、甥の笙は安堵した。

関連するキネマ旬報の記事

2006年7月下旬特別号

劇場公開映画批評:嫌われ松子の一生

2006年6月上旬号

作品特集 「嫌われ松子の一生」:グラビア

作品特集 「嫌われ松子の一生」:山田宗樹(原作) インタビュー

作品特集 「嫌われ松子の一生」:中谷美紀 インタビュー

作品特集 「嫌われ松子の一生」:瑛太 インタビュー

作品特集 「嫌われ松子の一生」:対談 中谷美紀×中島哲也

作品特集 「嫌われ松子の一生」:作品評

2006年1月下旬特別号

新春グラビア企画:撮影現場から届ける話題の日本映画「嫌われ松子の一生」