男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

木野花

  • Kino Hana
  • 出演
本名
出身地 青森県
生年月日 1948/01/08
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

青森県の生まれ。弘前大学教育学部を卒業後、中学校の美術教師となるがすぐに退職。上京して東京演劇アンサンブル養成所に入る。そこで知り合った仲間たちと1974年、女性5人だけの劇団“青い鳥”を結成。旗揚げ公演は75年の『美しい雲のある墓の前』で、以後、80年代の小劇場ブームに乗って活躍する。86年に退団して、劇団☆新感線などに客演。また、演出家としても活動する。88年から92年はパルコドラマスクールで若手俳優育成に携わり、93年から03年まで“木野花ドラマスクール”を開校。現在は“座・高円寺”の劇場創造アカデミー講師でもある。極めて真面目に演技に取り組むことで、シリアスだけでなく、笑いの作品でもその存在が光る。木野がおかしなことを真剣にやることによって笑いが増幅するため、演出家に好まれる。映像ジャンルにおいては、88年の市川準監督「会社物語」で映画初出演。数々のテレビドラマやCMなどで個性を発揮しつつ、バイプレイヤーとしての地位を確立する。03年の山下敦弘監督「ばかの箱船」では主人公の母・酒井君枝役で出演。近年も塚本晋也監督「ヴィタール」04、御法川修監督「世界はときどき美しい」07、中原俊監督「素敵な夜、ボクにください」07、小沼雄一監督「童貞放浪記」09、平山秀幸監督「必死剣鳥刺し」10、飯島敏宏監督「ホームカミング」11など多数に出演している。テレビドラマでは、TBSの人気シリーズ『3年B組金八先生』04~05に校長役で出演するほか、07年のNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』でナレーションを担当。NHK『純情きらり』『マチベン』06、『魂萌え!』07、テレビ朝日『下北サンデーズ』06、TBS『浅草ふくまる旅館』07、日本テレビ『ギネ・産婦人科の女たち』09などにも出演している。上品で知的な雰囲気があるので、映像では母親役、教師役などが多い。舞台の主な近作には、渡辺えり演出『月にぬれた手』、長塚圭史演出『ハーパー・リーガン』、プロペラ犬×筋肉少女帯『アウェーインザライフ』、本谷有希子演出『来来来来来』、岡田利規演出『友達』、いのうえひでのり演出『花の紅天狗』など多数がある。

キネマ旬報の記事