男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

角野卓造

  • Takuzo Kadono
  • 出演
本名
出身地 東京都新宿区
生年月日 1948/08/10
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都新宿区の生まれ。学習院高等科在学中から演劇部に所属し、学習院大学経済学部に進学後、状況劇場の唐十郎と知り合い、アングラ演劇の薫陶を受ける。大学卒業後の1970年、文学座研究所に入所。2年後の『飢餓海峡』で初舞台を踏み、『熱海殺人事件』73、『花咲くチェリー』74を経て、75年に座員となる。舞台『ハイキング』84で紀伊國屋演劇賞の個人賞を受賞。同年の芸術選奨文部大臣新人賞も受ける。映画デビューは、半村良原作、齋藤光正監督のSF時代劇「戦国自衛隊」79。戦国時代にタイムスリップする自衛隊員たちのひとり、須賀利重一等海士を演じた。以後、青年期の宮沢喜一を演じた森谷司郎監督「小説吉田学校」83、森鴎外の代表作を映画化した篠田正浩監督「舞姫」89、西田敏行、三國連太郎主演の長寿シリーズ「釣りバカ日誌」94~97などに出演。現代日本映画におけるバイプレイヤーとしての地位を確立する。舞台、映画と並行して、70年代よりテレビドラマにも積極的に出演しており、橋田壽賀子脚本のTBS『渡る世間は鬼ばかり』90~11の中華料理店“幸楽”店主・小島勇役で広く知られる。泉ピン子の妻と赤木春恵の母の間で板挟みになる夫を好演し、幅広い視聴者の共感を得た。田村正和、橋爪功と中年トリオを組んだTBS『カミさんの悪口』93・95、その姉妹編的な『カミさんなんかこわくない』98、心配性の検事を演じたフジテレビ『HERO』01など、ペーソス漂う中年男を演じさせたら当代一。テレビドラマはほかに、TBS『淋しいのはお前だけじゃない』82、『華やかな誤算』85、『Summer Snow』00、NHK『はね駒』86、『翔ぶが如く』90、『大地の子』95、フジテレビ『エンジン』05などがある。三谷幸喜の舞台作品との相性もよく、『君となら』95で自分より年上の恋人を連れてきた娘にとまどう父親、『温水夫妻』99で妻の昔の恋人が太宰治であると知らされショックを受ける夫、『バッドニュース☆グッドタイミング』01で喧嘩別れした相方と10年ぶりに再会する元芸人と、市井に生きる好人物の哀歓を巧演している。78年、文学座の女優・倉野章子と結婚。2008年11月には紫綬褒章を受章した。

キネマ旬報の記事

2008年11月上旬号

これがはじまり:第31回 角野卓造