男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

市川実日子

  • Ichikawa Mikako
  • 出演
本名
出身地 東京都
生年月日 1978/06/13
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都生まれ。先にモデルとしてデビューしていた姉・市川実和子の妹として、雑誌『Olive』に何度か登場したのち、94 年から同誌の専属モデルとなる。98 年に専属を離れ、『CUTiE』『Zipper』『spoon.』などの雑誌モデルとしても活躍。さらに98 年、ホンマタカシ監督の短編映画「How to 柔術」で女優デビューし、翌99 年に釜山国際映画祭グランプリを受賞した奥山浩志監督のPFF スカラシップ作品「タイムレスメロディ」で、主人公の音楽仲間であるヒロインの女の子を演じて一躍注目を浴びる。続く大谷健太郎監督の「とらばいゆ」01 では、瀬戸朝香演じる女流棋士とライバルとなる妹を好演。初期の彼女の魅力は飾らない、ぶっきらぼうとも見える自然体の存在感にあった。01 年の初主演作「blue」では、小西真奈美演じる不思議な魅力を持つ同級生に恋心を抱く女子高生カヤ子に扮し、微妙に揺れる少女の気持ちを見事に表現、モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞している。その後は日本テレビ『サイコドクター』02、『すいか』03 などのドラマにレギュラー出演。特にさまざまな人生の悩みを抱えた女性たちがある下宿に集う『すいか』では、大家の女性をとぼけた味で演じて印象的だった。このドラマで共演した小林聡美、もたいまさことは、スローライフを描いて人気を集めた荻上直子監督の「めがね」07 でも再共演。さらに同様のライフスタイルを京都の町を舞台に映し出した松本佳奈監督の「マザーウォーター」10 では、小林聡美と小泉今日子とともに作品の主軸となる豆腐屋のハツミに扮し、人生の年輪を滲ませる味わいを出している。どの作品に出ても気取らない彼女の個性は、現代女性のある断面を体現していると言えるだろう。ドラマはほかに日本テレビ『光とともに…・自閉症児を抱えて』04、『喰いタン』06、『喰いタン2』07、『サムライ・ハイスクール』09、TBS『夜回り先生』04、『階段のうた』10、NHK『天花』04、『グッジョブ』07、『篤姫』08 など。舞台では『JOKER』『哀しい予感』などに出演。著書にフォト・エッセイ集『午前、午後。』がある。

キネマ旬報の記事

2019年8月上旬号

「よこがお」:対談 筒井真理子×市川実日子

2004年6月上旬号

HOT SHOTS:市川実日子

2000年3月下旬号

HOT SHOTS:市川実日子