男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

金融腐蝕列島 呪縛

  • きんゆうふしょくれっとうじゅばく
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.3点(178人)

  • 観たひと

    300

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 1999
公開年月日 1999/9/18
上映時間 114分
製作会社 東映=角川書店=産經新聞社(制作協力 アスミック・エース=東映東京撮影所)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督原田眞人 
脚本高杉良 
鈴木智 
木下麦太 
原作高杉良 
製作総指揮角川歴彦 
高岩淡 
羽佐間重彰 
企画桃原用昇 
佐藤雅夫 
住田良能 
プロデュース原正人 
坂上順 
プロデューサー鍋島壽夫 
河瀬光 
山田俊輔 
撮影阪本善尚 
撮影効果木本秀一 
古川元裕 
中川定俊 
美術部谷京子 
装飾湯沢幸夫 
音楽川崎真弘 
音楽プロデューサー天翔陽子 
主題歌中山美穂:(「Adore」)
録音鶴巻仁 
整音中村淳 
音響効果柴崎憲治 
照明大久保武志 
編集川島章正 
衣裳大久保富美雄 
スタイリスト宮本まさ江 
選曲薄井洋明 
製作担当榊田茂樹 
助監督中西健二 
スクリプター坂本希代子 
スチール野上哲夫 
VFXスーパーバイザー根岸誠 
デジタルイフェクトプロデューサー松山美恵 

キャスト

出演役所広司 北野浩
仲代達矢 佐々木英明
椎名桔平 片山昭雄
風吹ジュン 北野今日子
若村麻由美 和田美豊
佐藤慶 久山隆
根津甚八 中山公平
矢島健一 石井卓也
中村育二 松原秀樹
石橋蓮司 中澤専務
遠藤憲一 大野木検事
もたいまさこ 一条弁護士
本田博太郎 陣内新副頭取
黒木瞳 佐藤弘子
丹波哲郎 川上多治郎
多岐川裕美 青木伸枝
梅野泰靖 坂本頭取
小林勝彦 今井会長
山本清 吉野副頭取
勝部演之 太田副頭取
若松武史 小田島敬太郎
内藤武敏 株主790番
山崎清介 森田部長
大高洋夫 西田
金子和 宮本
大西智子 大津
木下ほうか 永山
岸博之 渋沢部長
田口トモロヲ 気の弱い守衛
村上淳 危険な通行人
本宮泰風 見つめる青年
高杉良 激励する弁護士
佐高信 辛口評論家
遊人 クリス・ゴタンダ
古本恭一 トク
フィリップ・シルバーステン チーフ
今井あずさ 白木レポーター
大城英司 赤星記者
大門修三 茶器記者
中村亮 クラリネットの浮浪者
梅沢健祐 株主総会の弁護士
康すおん 株主
井之上隆志 株主
並樹史朗 株主
殺陣剛太 株主
井上肇 伊良部事務官
水上竜士 池ノ上検事
光岡湧太郎 伊場事務官
加藤満 牛島弁護士
青木鉄仁 両角弁護士
吉家明仁 塩谷弁護士
本郷弦 大蔵省梶原課長補佐
三浦春馬 北野浩一
大谷玲凪 北野レナ
町田政則 執行官
吉崎典子 アナウンサー

解説

腐敗した大銀行を再生すべく、立ち上がった中堅行員たちの姿を活写した社会派ドラマ。監督は「バウンス ko GALS」の原田眞人。高杉良によるベストセラー小説を基に、高杉良、鈴木智、木下麦太が共同脚色。撮影に「オサムの朝」の阪本善尚があたっている。主演は、「ニンゲン合格」の役所広司と「宮澤賢治 その愛」の仲代達矢。

あらすじ

1997年、東京・日比谷。丸野証券の利益供与事件による総会屋・小田島の逮捕により、300億円という不正融資疑惑が持ち上がった朝日中央銀行(ACB)本店に東京地検特捜部の強制捜索が入った。ところが、ACBの上層部は責任を回避しようとするばかり。そんな上層部の姿勢に腹を立てた"ミドル4人組"と呼ばれる企画本部副部長の北野、同部MOF担の片山、同部副部長の石井、広報部副部長の松原らはボード(役員)を総辞任させ、"ブルームバーグ・テレビジョン"のアンカーウーマン・和田の力を借りて新頭取に中山常務を推すと、真相調査委員会を結成。 ACBを闇社会や古い慣習などの"呪縛"から解き放ち、再生させようと東奔西走する。しかしそんな事態に至っても尚、佐々木相談役だけは最高顧問としてACBに居座ろうとしていた。佐々木の娘婿でもある北野は、身内と対決しなければないないことに苦悩しながらも、小田島と佐々木の癒着が記された自殺した久山幹部の遺書を武器に彼を辞職、逮捕へと追い込む。それから数日後、 ACBの株主総会が行われた。中山新頭取を中心に、北野たちは闇社会との繋がりや行内の膿を放出することを株主に確約してこれを乗り切ることに成功。こうして、ACBは再生への一歩を歩き始めるのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1999年11月下旬号

日本映画紹介:金融腐蝕列島[呪縛]

1999年10月下旬号 創刊80周年特別号2

劇場公開映画批評:金融腐蝕列島[呪縛]

劇場公開映画批評:金融腐蝕列島[呪縛]

1999年10月上旬号 創刊80周年特別号1

特集 金融腐蝕列島[呪縛]:原田眞人監督 インタビュー

特集 金融腐蝕列島[呪縛]:若村麻由美 インタビュー

特集 金融腐蝕列島[呪縛]:作品評

1999年9月下旬号

特集 金融腐蝕列島・呪縛:撮影現場レポート

COMING SOON:金融腐蝕列島・呪縛

1999年6月上旬号

HOT SHOTS:「金融腐蝕列島・呪縛」製作発表

1958年臨時増刊 目で見る日本映画の六十年

1・映画産業の出発:松竹キネマの創立