男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

椎名桔平

  • Kippei Shiina
  • 出演
本名 岩城正剛
出身地 三重県上野市(現・伊賀市)
生年月日 1964/07/14
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

三重県上野市(現・伊賀市)の生まれ。本名・岩城正剛。小学校3年生よりサッカーを始め、高校時代には三重県代表として国体に出場した経験を持つ。青山学院大学経営学部に進学後もサッカーを続けていたが、スポーツ用品のCMに出演したことがアマチュア規定に触れたため、サッカーを辞めて俳優の道を志す。知人の紹介で芸能事務所に所属し、本名で映画、テレビドラマ等に端役出演。寺田農の付き人をつとめたり、中小のタレント事務所、劇団新宿梁山泊などを転々としたのち芸名を“椎名桔平”と改めて、1992年の富岡忠文監督「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」の主人公と敵対する不良グループのリーダー・菊地田役で、本格的な俳優デビューを飾る。翌93年には石井隆監督「ヌードの夜」で根津甚八の凶暴な舎弟・仙道を熱演し、高崎映画祭新人男優賞を受賞。その後も石井作品には続けて起用され、「夜がまた来る」94では夏川結衣演じるヒロイン・名美をいたぶるやくざの柴田、「GONIN」95では暴力団から現金強奪を企てる5人組のひとりで金髪の元ボクサー・ジミー、「黒の天使 Vol.1」98では葉月里緒菜(現・里緒奈)演じる主人公の女ヒットマンを陰で操る悪徳刑事の恩田にそれぞれ扮した。95年の三池崇史監督「新宿黒社会/チャイナ・マフィア戦争」で中国残留孤児二世の刑事役を演じ、映画初主演。すずきじゅんいち監督「女帝」95ではヒロインの料亭の女将を株式売買に走らせるエリート証券マン役で、“静”の演技でも魅力を発揮する。以後も、大森一樹監督「わが心の銀河鉄道・宮沢賢治物語」96、「ジューンブライド・6月19日の花嫁」98、大林宣彦監督「SADA/戯作・阿部定の生涯」98、李志毅監督「不夜城」98、渡辺武監督「なで肩の狐」99、前田和男監督「発熱天使」99、小林政広監督「海賊版=BOOTLEG FILM」99などベテラン監督から新鋭まで、大作・小品にかかわらずさまざまな作品に出演し、野性味と色気を併せ持った俳優として人気を獲得していく。99年の原田眞人監督「金融腐蝕列島・呪縛」では、腐敗した大銀行を立て直すべく立ち上がる4人の銀行マンたちのひとり、片山を演じ、騒乱の中で冷静に行動しつつも気骨を見せる男の矜持を体現。キネマ旬報賞、報知映画賞など多数の映画賞で助演男優賞を受賞する高い評価を受けた。それらと並行してテレビドラマでも活躍。NHK連続テレビ小説『春よ、来い』94、フジテレビ『いつかまた逢える』95、テレビ朝日『BLACK OUT』95などに出演したのち、フジテレビ『Age,35/恋しくて』96の田中美佐子演じる主婦と不倫の恋をする陶芸家の役で、一躍脚光を浴びる。その後も、NHK『カンパニー』96、フジテレビ『ドク』96、『オーバー・タイム』99、TBS『スウィートシーズン』98、日本テレビ『お熱いのがお好き?』98、テレビ朝日『恋愛詐欺師』99などで重要な役どころを演じ、リストラされて精神的に崩壊していくサラリーマン役を熱演したフジテレビ『彼女たちの時代』99、児童虐待の重たいテーマに挑んだ日本テレビ『永遠の仔』00、辛党で甘いものが苦手な洋菓子店のオーナーという風変わりな役を演じたフジテレビ『アンティーク・西洋骨董洋菓子店』01などが評判となった。その間の98年に出演した日清食品『ラ王』のCMでは全裸でカップラーメンを食べる後ろ姿を披露し、お茶の間に強烈なインパクトを与える。以降も、堤幸彦監督「溺れる魚」01、田中光敏監督「化粧師」02、蜷川幸雄監督「嗤う伊右衛門」04、大谷健太郎監督「約三十の嘘」04、根岸吉太郎監督「雪に願うこと」06などで多彩な役柄を演じ、2002年の崔洋一監督「刑務所の中」では、本名でプロデューサーも兼務した。近年も、蜷川実花監督「さくらん」07の土屋アンナ演じる花魁に求婚する武士役などの二枚目から、鴻上尚史監督「恋愛戯曲・私と恋におちてください。」10のわがままな脚本家に振り回される頼りないテレビプロデューサー役のような軽めの芝居、樋口真嗣監督「隠し砦の三悪人/THE LAST PRINCESS」08の覇権拡大を狙う侍大将・鷹山刑部役のような悪役まで、幅広くこなしている。テレビドラマはほかに、NHK『トップセールス』08、日本テレビ『銭ゲバ』09、TBS『GM/踊れドクター』『SPEC/警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿』10、フジテレビ『コード・ブルー/ドクターヘリ緊急救命』10、『謎解きはディナーのあとで』11など多数。03年、『BLACK OUT』「不夜城」で共演した山本未來と結婚した。

キネマ旬報の記事

2009年5月上旬号

「レイン・フォール/雨の牙」:椎名桔平インタビュー

HOT SHOTS:「レイン・フォール/雨の牙」椎名桔平

2004年4月上旬号

巻頭特集 「クイール」:椎名桔平 インタビュー

2002年2月上旬号

FACE2002:椎名桔平

2001年2月下旬決算特別号

特集 「溺れる魚」:椎名桔平 インタビュー

2000年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演男優賞 椎名桔平

1999年10月上旬号 創刊80周年特別号1

FACE:椎名桔平

1996年6月上旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンで闘う若手男優たち:椎名桔平

1995年8月下旬上半期決算号

インタビュー The Face '95:椎名桔平

1994年7月下旬特別号

創刊75周年特集〈2〉アンケート 夢の映画、映画の夢:

1994年1月下旬号

ビデオ:Knock on the People 椎名桔平