男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

十三人の刺客(2010)

  • じゅうさんにんのしかく
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    74.9点(556人)

  • 観たひと

    956

  • 観たいひと

    78

  • レビューの数

    80

基本情報

ジャンル 時代劇 / アクション
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/9/25
上映時間 141分
製作会社 「十三人の刺客」製作委員会(テレビ朝日=東宝=セディックインターナショナル=電通=小学館=Recorded Picture Company=朝日新聞社=朝日放送=メ~テレ=九州朝日放送=北海道テレビ=Yahoo! JAPAN=TSUTAYAグループ=東日本放送=静岡朝日テレビ=広島ホームテレビ)(制作 セディックインターナショナル/制作協力 セディックドゥ=楽映舎)
配給 東宝
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督三池崇史 
脚本天願大介 
原作池宮彰一郎 
製作総指揮中沢敏明 
ジェレミー・トーマス 
平城隆司 
製作上松道夫 
島谷能成 
島本雄二 
大西豊 
町田智子 
脇阪聰史 
吉田鏡 
武内健二 
荻谷忠男 
喜多埜裕明 
大宮敏靖 
伊藤裕造 
柘一郎 
濱幾太郎 
プロデューサー大野貴裕 
吉田浩二 
前田茂司 
プロデュース梅澤道彦 
市川南 
白石統一郎 
庄内担当プロデューサー宇生雅明 
共同プロデュース寿崎和臣 
臼井央 
人物デザイン柘植伊佐夫 
撮影北信康 
美術林田裕至 
装飾坂本朗 
窪田治 
音楽遠藤浩二 
オフィシャル・コンセプトソングイーグルス:(「DESPERADO」)
録音中村淳 
音響効果柴崎憲治 
照明渡部高 
編集山下健治 
衣裳デザイン澤田石和寛 
キャスティングプロデューサー北田由利子 
ラインプロデューサー小松俊喜 
向井達矢 
制作担当善田真也 
助監督足立公良 
吉見拓真 
CGIプロデューサー坂美佐子 
スタント・コーディネート辻井啓伺 
不明山崎努 

キャスト

出演役所広司 島田新左衛門
山田孝之 島田新六郎
伊勢谷友介 木賀小弥太
沢村一樹 三橋軍太夫
古田新太 佐原平蔵
高岡蒼甫 日置八十吉
六角精児 大竹茂助
波岡一喜 石塚利平
石垣佑磨 樋口源内
近藤公園 堀井弥八
窪田正孝 小倉庄次郎
伊原剛志 平山九十郎
松方弘樹 倉永左平次
吹石一恵 お艶/ウバシ(2役)
谷村美月 牧野千世
斎藤工 牧野妥女
阿部進之介 出口源四郎
内野聖陽 間宮図書
光石研 浅川十太夫
岸部一徳 三州屋徳兵衛
平幹二朗 土井大炊頭利位
松本幸四郎 牧野靭負
稲垣吾郎 松平左兵衛督斉韶
市村正親 鬼頭半兵衛

解説

1963年公開の工藤栄一監督による同名時代劇を、「クローズZERO」シリーズの三池崇史監督が現代風に再構築。出演は「ガマの油」の役所広司、「シーサイドモーテル」の山田孝之、古田新太、「人間失格」の伊勢谷友介、「山形スクリーム」の沢村一樹、「さんかく」の高岡蒼甫、「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」の六角精児など。

あらすじ

弘化元年3月。明石藩江戸家老・間宮が、老中・土井家の門前で切腹自害。間宮の死は、明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりを訴えるものであった。将軍・家慶の弟である斉韶は、明年には老中への就任が決まっている。事件は時の幕府を動揺させ、このままでは幕府、ひいては国の存亡に関わると判断した土井は斉韶暗殺を決断、御目付役・島田新左衛門(役所広司)にその命を下す。大事決行を控え、新左衛門は刺客集めに奔走。剣豪浪人平山、酒と女と博打に溺れる新左衛門の甥・新六郎ら十一人の強者達が新左衛門のもとに集う。暗殺計画が極秘裡に進められる中、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛(市村正親)はその情報を掴んでいた。彼は、かつて新左衛門と剣の同門でありながらも道を違え、御用人千石の身分を自ら掴んだ傑物であった。そんな中、新左衛門は、斉韶を襲うのは江戸から明石への参勤交代の道中しかないと判断、襲撃場所を交通の要所の落合宿に決める。明石藩の参勤交代が尾張を通る時、尾張藩への通行を阻止すれば、勢力を削られた行列は落合宿に出るはず。斉韶を落合宿に誘い込むため、新左衛門は事の詳細を尾張藩の木曽上松御陣屋詰・牧野靭負に打ち明け協力を求める。斉韶が落合宿にやって来るかは、極めて危険な賭けであったがそれしか手はない。刺客たちは現地へ急行、明石藩を迎え撃つべく落合宿を要塞へと改造する。道中、山の民・木賀小弥太が加わり、落合宿にて総勢十三人の刺客が揃う。だが、明石藩は待てども待てども落合宿にやってこない。新左衛門の計略は失敗に終わったかに思えたその矢先、敵は200騎以上の多勢となってやってきた。鬼頭は兵を蓄え、この戦いに備えていたのだ。混乱の中、明石藩の退路を断つ大橋が爆破。13人対300人超の決戦が始まった……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年6月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「十三人の刺客」

2010年11月上旬号

評論家発映画批評:「十三人の刺客」

2010年10月下旬号

評論家発映画批評:「十三人の刺客」

2010年9月下旬号

巻頭特集「十三人の刺客」:役所広司インタビュー

巻頭特集「十三人の刺客」:松方弘樹インタビュー

巻頭特集「十三人の刺客」:市村正親インタビュー

巻頭特集「十三人の刺客」:三池崇史インタビュー

巻頭特集「十三人の刺客」:天願大介インタビュー

巻頭特集「十三人の刺客」:作品評

2010年3月下旬号

天晴れ!時代劇2010:2010年公開時代劇「花のあと」「座頭市 THE LAST」「必死剣鳥刺し」「十三人の刺客」「桜田門外ノ変」「大奥」「雷桜」「武士の家計簿」「最後の忠臣蔵」