男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

歓喜の歌

  • かんきのうた
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.1点(113人)

  • 観たひと

    185

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2008/2/2
上映時間 112分
製作会社 「歓喜の歌」パートナーズ(シネカノン=ハピネット=角川映画)
配給 シネカノン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督松岡錠司 
脚本真辺克彦 
松岡錠司 
原作立川志の輔 
発案重延浩 
渡辺誠 
製作李鳳宇 
河合洋 
井上泰一 
プロデューサー椎井友紀子 
撮影岡林昭宏 
セットデザイナー杉本亮 
美術原田満生 
組付き大道具高木智之 
持ち道具忠内歩 
野城実幸 
音楽岩代太郎 
音楽制作高桑晶子 
録音志満順一 
光学録音宇田川章 
大場広樹 
レコーディングエンジニア後藤昌司 
依田慶子 
レコーディングコーディネーター山田広 
音響効果岡瀬晶彦 
伊東晃 
照明木村明生 
編集普嶋信一 
ネガ編集岡安和子 
中葉由美子 
衣裳岩崎文男 
メイク(安田成美担当)河本ゆか 
スタジオエンジニア越智美香 
合唱指導補佐飯野淳也 
ピアノ辻悦子 
MIDIプログラミング中山信彦 
深澤秀行 
アソシエイトプロデューサー須藤秋美 
ラインプロデューサー杉原奈実 
製作デスク高橋里美 
製作進行福井一夫 
簗田智哉 
成宏基 
製作経理小泉朋 
助監督小野寺昭洋 
スクリプター廣瀬順子 
スチール小沢朋範 
オプチカル金子鉄男 
山岸江美 
特機上野隆治 
車輌神中栄 
小松原英雄 
平塚夏樹 
中村秀輝 
廣川靖 
タイトル竹内秀樹 
南成木 
装飾助手北山陽二郎 
録音仕上げ助手三浦さおり 
衣裳助手小海綾美 
メイク助手村中幸恵 
宣伝プロデューサー山崎園子 
パブリシティ三原知之 
岡貴史 
水澤知美 
村上淳子 
宣伝美術金松滋 
佐藤直子 
宣伝予告川部智貴 
千原秀介 
三木俊一郎 
円城寺哲郎 
乗富巌 
本間功 
合唱指導辻志朗 
応援助監督木ノ本豪 
応援撮影中村裕一 
寺田宗徳 
応援撮影助手大畑一樹 
神田稔生 
伊藤仁 
応援照明助手近松光 
江川敏則 
渡辺昌 
応援録音助手石堂浩之 
応援メイク工藤美加子 
上田深里 
堀江万智子 
近藤美香 
応援スチール小池タカ 
応援美術松本啓介 
製作担当松田憲一良 
監督助手石井晋一 
飛田一樹 
岡下慶仁 
撮影助手村上佳隆 
田島茂 
水口幸治 
井本直希 
照明助手岡野清 
角田禎造 
濱田博史 
岡田浩彰 
録音助手前田一穂 
川井崇満 
海野さよこ 
美術助手我妻弘之 
畦原唱平 
伊達美貴子 
装飾松下利秀 
フードスタイリスト飯島奈美 
メイク豊川京子 
編集助手小堀由起子 
タイミング石田記理 
音楽編集佐藤啓 
金貞陽一郎 
宣伝古井厚 
境真希 
星野拡 
メイキング斎藤正利 
山本直史 
営業担当岩田由美子 
横山和宏 
牽引佐藤秀美 
製作主任菊島高広 

キャスト

出演小林薫 飯塚正
伊藤淳史 加藤俊輔
由紀さおり 松尾みすず
田中哲司 北澤直樹
藤田弓子 大田登紀子
根岸季衣 塚田真由美
光石研 五十嵐恒夫
斎藤洋介 宗方清
片桐はいり 宗方まりこ
でんでん 葛飾太郎
猫背椿 妹尾浩子
平澤由美 相崎陽子
江本純子 岩瀬理恵
吉本菜穂子 亀田紀子
土屋久美子 森永瞳
峯村リエ 佐久間礼子
於保佐代子 飯塚千夏
宮本裕子 田所美代子
吉井有子 みたま文化会館・売店の女性
波岡一喜 塚田尚人
山本浩司 北京飯店・アルバイト
朝倉あき 大田綾香
野嵜好美 みたま文化会館・事務員
アンナ・カネキ 外国人ホステス・シャラポア
米村亮太朗 
萩原利映 
戌井昭人 
渡辺友裕 五十嵐悟
中村圭佑 
井出みな子 
新山のぞみ 
金子清文 
安田祥子 みたまレディースコーラス・メンバー
日向丈 
辻新八 
本井博之 
辻村千鶴 
杉山文雄 
中野英樹 
山下未夢 
立川キウイ 
池田伸人 
笹井和也 
待井利章 
小島真理子 
塚本信二 
塚本幸子 
佐藤春夫 
山中喜四郎 
浅見尚 
田島和美 
石部敏子 
悦見栄 
羽山恵子 
田中浩江 
新井智嘉子 
山口美恵 
長沼幸子 
寺田順子 
福島房代 
悦見香 
石部裕子 
徳田英紀 
立川志の輔 タクシーに乗車した落語家
立川談志 小野寺住職
リリー・フランキー スナックの常連客
浅田美代子 飯塚さえ子
中嶋義明 
小井戸明夫 
加藤進 
片倉隆行 
手計孝浩 
塚越健造 
久保崎淳 
野口義幸 
田嶋洋之 
徳永誠 
若尾雅憲 
坂本義貴 
小林富貴夫 
坂田一成 
筒井道隆 リフォーム大田の客
笹野高史 伊藤茂
塩見三省 スマイル建設社長
渡辺美佐子 大河原フク
安田成美 五十嵐純子

解説

落語家・立川志の輔の新作落語を「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」の松岡錠司が映像化したコメディ。市井の人々が一大事に巻き込まれる喜怒哀楽を描く。出演は「紙屋悦子の青春」の小林薫、「大河の一滴」の安田成美、「陰日向に咲く」の伊藤淳史、「魂萌え!」の由紀さおり、「愛の流刑地」の浅田美代子など。

あらすじ

とある地方都市、みたま町の文化会館に勤める主任・飯塚正(小林薫)は優柔不断で事なかれ主義の53歳の公務員。外国人ホステスに入れあげていたことが原因で、半年前に市役所から異動してきた。そんな夫に愛想をつかした妻・さえ子(浅田美代子)は、娘の千夏を連れて実家に戻っている。大晦日前の12月30日朝、飯塚は事務所で1本の電話を受ける。そこで発覚したのは大晦日のダブルブッキング。「みたまレディースコーラス」と「みたま町コーラスガールズ」というよく似たグループ名を混同したまま、半年間ほったらかしにしていたのだ。「オバサンたちが暇つぶしでやっているのだろうから、何とかなるだろう」と交渉に臨んだ飯塚であったが、これがとんだ見当違い。セレブな奥様方が集う由緒あるグループ「みたまレディースコーラス」のリーダー・松尾みすず(由紀さおり)は「合唱団の創立20周年コンサートなのでいまさら変更はできない」と言う。一方の「みたま町コーラスガールズ」は家事やパートで忙しい主婦たちが1年半前に結成、この日を楽しみにしてきたと副代表の塚田真由美(根岸季衣)も譲らない。このままでは埒が明かないので、ガールズの練習場を訪ねた飯塚と部下の加藤俊輔(伊藤淳史)は、訪問介護のパートをしているリーダー・五十嵐純子(安田成美)に会い、3人で相手リーダーの松尾邸に向かう。ところがレディースは、メンバーの一人が市長夫人であることを利用して、説得どころか飯塚にプレッシャーをかけてくる。すっかり萎縮してしまった飯塚を横目に、五十嵐は合同コンサートを松尾に提案するがあっさり退けらてしまう。やっとのことで松尾邸を抜け出した飯塚だったが、さらに家庭崩壊の危機やら、膨れあがった飲み屋の勘定といった問題が押し寄せる。そんな八方塞がりの状況だった飯塚の中で、何かが変わり始めようとしていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年2月上旬1500号記念特別号

作品特集 「歓喜の歌」:小林薫 インタビュー

作品特集 「歓喜の歌」:松岡錠司[監督] インタビュー

作品特集 「歓喜の歌」:作品評

2008年1月上旬新春号

特別企画 現場百景/08年期待の新作撮影現場ルポ:歓喜の歌