男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

藤田弓子

  • Fujita Yumiko
  • 出演
本名
出身地 東京都目黒区自由ケ丘の生まれ
生年月日 1945/9/12
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都目黒区の生まれ。小学5年生だった1957年から、ラジオ東京(現・TBSラジオ)のラジオドラマ『赤銅鈴之助』に3年間出演。都立城南高校を卒業した64年、演技の基礎を学ぶため文学座付属演劇研究所に4期生として入所する。翌65年に文学座入団。初舞台『カンガルー』67は娼婦の役だったという。68年、NHK連続テレビ小説『あしたこそ』のヒロインに選ばれ、愛嬌のある丸顔と明るい個性でお茶の間の人気を集めた。71年、文学座を退団。フリーで舞台に立ちながら、フジテレビのトーク番組『小川宏ショー』にレギュラー出演する。最初の映画出演は、加藤泰監督「男の顔は履歴書」66の端役。深作欣二監督「軍旗はためく下に」72の娘役などで徐々に存在感を見せるが、パニック状況でも毅然とした女医に扮した佐藤純彌監督「新幹線大爆破」75以降は、フジテレビ『三日月情話』76などのテレビドラマや舞台が活動の中心になる。79年のNHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』がヒットし、明るく気丈な母親のイメージが決定的に。児童映画「お母さんのつうしんぼ」80で5年ぶりに映画に戻り、翌81年、小栗康平監督「泥の河」で田村高廣とともに食堂経営夫婦を演じる。そこに本当に実直な人が暮らしているような細やかな演技で絶賛を浴びた。その後も根岸吉太郎監督「遠雷」81、森﨑東監督「時代屋の女房」83などに出演。放送作家の河野洋と結婚して迎えた85年は、女優生活20年の節目と意識して積極的に映画に出演し、中島貞夫監督「瀬降り物語」の戦前の山の民の役と、大林宣彦監督「さびしんぼう」の主人公(尾美としのり)の母親役とで、キネマ旬報賞、ブルーリボン賞などの助演女優賞を獲得する。以降も、温かみのある生活感を活かして母親役、親切な隣人役などを中心に、息の長い活躍を続けている。

キネマ旬報の記事

1986年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演女優賞 藤田弓子