男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

安田成美

  • Yasuda Narumi
  • 出演/音楽
本名
出身地 東京都文京区
生年月日 1966/11/28
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都文京区の生まれ。中学3年生の時にスカウトされ、CMモデルとしてデビュー。日本テレビ『ホームスイートホーム』82でテレビドラマに初出演し、中村敦夫主演のテレビ朝日『おさな妻・わたしを抱いて…16歳の初夜』83などで、少しずつ注目が集まり始める。84年、宮崎駿監督のアニメーション「風の谷のナウシカ」84のイメージガールに選ばれ、生放送の歌番組で同作のイメージソングを緊張に震えながら歌う姿は、のちに伝説的に語られる。同年の小原宏裕監督「トロピカルミステリー・青春共和国」で映画初出演。明治学院大学に進むも多忙になり、のち中退する。当初は初々しくも生硬な演技だったが、86年に井筒和幸監督「犬死にせしもの」、森田芳光監督「そろばんずく」などへ出演を続けて、一気に才能が開花。相米慎二監督「光る女」87では都会の魔力に堕ちる女を熱演した。88年はオムニバス「バカヤロー!・私、怒ってます」などで報知映画賞主演女優賞を受賞。以降も映画出演は続くが活動の中心はテレビドラマで、TBS『親子ジグ・ザグ』87、フジテレビ『同・級・生』89などでトレンディドラマの時代を代表する女優のひとりに。女同士の友情を描いたフジテレビ『素顔のままで』92は大ヒットとなる。94年、「そろばんずく」で共演したお笑いコンビ“とんねるず”の木梨憲武と結婚。翌95年のNHK連続テレビ小説『春よ、来い』95ではヒロインを演じるが、体調不良を理由に途中降板。96年に長男を出産してからは、実質的な休業状態に入る。女優業の本格復帰作は野沢尚脚本の日本テレビ『リミット・もしも、わが子が…』00。我が子を誘拐された主人公の女性刑事を演じる。01年には五木寛之原作、神山征二郎監督の「大河の一滴」で、94年の杉田成道監督「ラストソング」94以来7年ぶりに映画主演。その後は再び家庭優先となるが、松岡錠司監督「歓喜の歌」08で花のような笑顔でちゃっかり事を進める婦人コーラスのリーダーを好演するなど、近年は活動を再開している。ドラマはほかに、フジテレビ『この愛に生きて』94、『ドク』96、テレビ東京『シューシャインボーイ』10、NHK連続テレビ小説『てっぱん』10など。

キネマ旬報の記事

1990年2月上旬号

特集 ジパング:安田成美 インタビュー

1988年12月下旬号

特集 孔雀王:安田成美 インタビュー