男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小林薫

  • Kaoru Kobayashi
  • 出演
本名
出身地 京都府京都市
生年月日 1951/09/04
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

京都府京都市の生まれ。府立洛東高校を中退後、演劇活動をしていた兄の影響で芝居に興味を持つ。唐十郎率いる状況劇場の京都公演を見て上京、1971年に同劇団に入団する。73年の『ベンガルの虎』『海の牙』で注目され、『蛇姫様』75に主演。看板俳優だった根津甚八と人気を二分する存在となる。数本の映画に端役で出たのち、藤田敏八監督「十八歳、海へ」79で初の本格的な映画出演。反抗しきれない青年の停滞感を寡黙に演じつつ巧まぬユーモアを感じさせ、報知映画賞新人賞を受賞する。80年に状況劇場を退団後は、村上春樹原作、大森一樹監督の「風の歌を聴け」81の“僕”役などを経て、NHK大河ドラマ『峠の群像』82、TBS『ふぞろいの林檎たち』83の好演で知名度を上げる。85年、森田芳光監督「それから」と神代辰巳監督「恋文」でキネマ旬報賞、日本アカデミー賞の助演男優賞を獲得。ストイックなイメージで女性ファンを掴むが、翌86年の森田監督「そろばんずく」86では別人のようなハイテンションの怪演を見せ、観客を驚かせた。 以降も、実直な父親像や中年男の純情から、飄々とした三枚目まで多彩な役どころをこなし、一筋縄ではいかない性格俳優としての活躍を続ける。テレビドラマでも久世光彦演出によるTBS『男どき女どき』88、『思い出トランプ』90などの“向田邦子シリーズ”をはじめ、NHK『イキのいい奴』87・88、『カーネーション』11、TBS『キツい奴ら』89、『丘の上の向日葵』93、『深夜食堂』09・11、フジテレビ『ナニワ金融道』96~05、『Dr.コトー診療所』03・06、『幸せになろうよ』11など多数に出演。どんな役でも滲むシャイな軽みとダンディズムが最大の魅力で、舞台、CM出演やナレーションの仕事も数多くこなしている。84年、女優の中村久美と結婚するが、95年に離婚。2009年12月にモデルで女優の小梅と再婚した。

キネマ旬報の記事

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光 追悼 森田を語る20人 インタビュー:小林薫

2008年2月上旬1500号記念特別号

作品特集 「歓喜の歌」:小林薫 インタビュー

2007年4月上旬号

巻頭特集 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」:小林薫 インタビュー

2004年4月上旬号

巻頭特集 「クイール」:小林薫 インタビュー

1999年3月上旬号

FACE:小林薫

1993年8月下旬上半期決算号

アクターズ・カット:第8回 小林薫

1986年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演男優賞 小林薫

1958年9月下旬号

日本映画批評:チャンチキおけさ