男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドラッグストア・ガール

  • どらっぐすとあがーる
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    62.9点(60人)

  • 観たひと

    119

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2003
公開年月日 2004/2/7
上映時間 105分
製作会社 「ドラッグストア・ガール」製作委員会(テンカラット=電通=衛星劇場=「ドラッグストア・ガール」制作推進プロジェクト)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督本木克英 
脚本宮藤官九郎 
企画遠谷信幸 
真塩しょう嗣 
中川滋弘 
加藤正明 
企画協力中澤天童 
製作小林栄太朗 
気賀純夫 
チーフプロデューサー高橋康夫 
プロデューサー矢島孝 
福山亮一 
撮影花田三史 
ステディカム金子雪生 
美術太田喜久男 
音楽周防義和 
音楽プロデューサー石島稔 
小野寺重之 
オープニングテーマ中嶋朋子:(「DRUGSTORE GIRL」)
エンディングテーマバグルス:(「ラジオスターの悲劇」)
録音岸田和美 
サウンド・コーディネーター染谷和孝 
高田義紀 
照明松岡泰彦 
編集川瀬功 
衣裳鳥野圭子 
本間邦人 
スタイリスト武田千巻 
デジタル・シネマ・スーパーバイザー諏佐佳紀 
テクニカル・ディレクター森田秀雄 
チーフ・ビデオ・エンジニア高橋善弥 
製作主任嘉藤博 
製作担当相場貴和 
助監督伊藤匡史 
スクリプター金丸律子 
スチール中原一彦 
VFXスーパーバイザー田中敦彦 
VFXプロデューサー石川智太郎 
効果帆苅幸雄 
擬斗辻井啓伺 

キャスト

出演田中麗奈 大林恵子
柄本明 鍋島浩次
三宅裕司 沼田
伊武雅刀 山田
六平直政 済念
徳井優 ジェロニモ
三田佳子 社長
杉浦直樹 竹之内
余貴美子 向井秀子
荒川良々 鍋島信次
藤田弓子 鍋島富江
根岸季衣 山田美香
篠井英介 小松兄
山咲トオル 小松弟
永澤俊矢 インディアン・リーダー
今福将雄 乙念
蛭子能収 
竹嶋康成 
嶋寛かおり 
江口徳子 
皆川猿時 店長
角替和枝 ホステス
エレナ ホステス
カワイ麻弓 ホステス
伊藤雅子 ホステス
津山登志子 
優木まおみ リポーター
生島ヒロシ アナウンサー
灰地順 工房の老人
横山あきお 工房の老人
谷津勲 工房の老人
田代忠雄 工房の老人
神戸浩 コーディネーター
津久井啓太 沼田の娘婿
加島潤 ドラッグストア幹部
坂元健児 社長秘書
森宮隆 ヒトシ
田中千絵 杉浦
関泰章 
斉藤ゆり 鈴木
久保井研 権藤
松井範雄 中尾
山地健仁 田辺
北山雅康 北山
伊藤昌一 松本
町田政則 井上
ユセフ・ロットフィ アリ
内藤正紀 店員
内浦純一 部員
美咲レイラ 社会人選手
美月麻帆 沼田の娘
青木真麻 女子アナ
林絵梨子 若い女
佐藤千晶 若い女
小松エミ 沼田の母
隅田亜矢 小学校の先生
鈴木優子 看護婦
大迫一平 AD
奥村康 
我妻泰煕 子供時代の沼田
佐野大樹 発煙筒を発火させる子供
田中大輔 その父
木村郁 その母
浅尾僚 通訳
Hienhyawgaywaws Schindler インディアン選手
マークバーナム インディアン選手
スコットバーナム インディアン選手
Edward Edwin Shenandoah インディアン選手
Romy Bhatt インディアン選手
Thomas Melesky インディアン選手
Damian Segal インディアン選手
Ailton Alvis インディアン選手

解説

失恋した女子大生と冴えない中年オヤジたちが、ラクロスに恋に奮闘する青春コメディ。監督は「釣りバカ日誌13」の本木克英。脚本は「アイデン&ティティ IDEN & TITY」の宮藤官九郎。撮影を「釣りバカ日誌13」の花田三史が担当している。主演は「13階段」の田中麗奈。第16回東京国際映画祭ニッポン・シネマ・フォーラム メディア・セレクション2003出品作品。HD24Pからのテレシネ。

あらすじ

彼氏の浮気現場を目撃してしまった、薬科大の3年生の恵子。大泣きしながら飛び乗った電車で、見知らぬ郊外の町“摩狭尾”(まさお)に辿り着いた彼女は、成り行きから巨大なドラッグストア”ハッスルドラッグ“でアルバイトすることになった。そんな恵子に一目惚れした、寂れた“バンブーロード商店街”の店主ら(薬局の鍋島、パン屋の沼田、酒屋の山田、一心寺の僧侶・済念、ホームレスのジェロニモ)は、彼女と親しくなりたい一心から彼女と同じラクロスを始める。だが、ルールも知らない中年オヤジたちが上達する訳がない。結局、見るに見かねた恵子がコーチを買って出てくれ、竹で作った手作りクロスを手に猛練習を開始。お陰で、彼ら”まさおバンブーボーイズ“の奮闘ぶりはテレビで取り上げられるほど話題を集め、ハッスルドラッグの女社長がスポンサーになってくれるは、竹製のクロスが町興しに一役買うは、寂れた商店街も一躍活気を取り戻す。ところが、主婦チームとの試合で沼田が心臓発作で他界。ラクロス熱は一気に冷めてしまう。そんな中、アメリカのインディアン・チーム“HIAWATHA”が、バンブーボーイズのメンバーの中に我々の英雄であるジェロニモの名を騙る者がいるのは不届きと挑戦状を叩きつけてきた。来日したHIAWATHAと、一戦交えることになったバンブーボーイズは、果たしてこてんぱんにやられてしまうが、精力剤でパワーアップしたジェロニモが奮起。強敵相手に1点を返すことに成功し、和解も果たすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年10月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ドラッグストア・ガール

2004年4月上旬号

劇場公開映画批評:ドラッグストア・ガール

2004年2月上旬号

「ドラッグストア・ガール」:田中麗奈 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:柄本明 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:三宅裕司 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:三宅裕司 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:伊武雅刀 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:六平直政 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:徳井優 グラビア&インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:本木克英監督 インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:宮藤官九郎 インタビュー

「ドラッグストア・ガール」:作品評

「ドラッグストア・ガール」:田中麗奈、自作を語る

「ドラッグストア・ガール」:関係者コメント(磯村一路、市川準、長澤雅彦)