男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

余貴美子

  • Kimiko Yo
  • 出演
本名
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1956/05/12
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。台湾人の父と日本人の母を持ち、女優の范文雀は従妹にあたる。神奈川学園高校卒業後の1976年、たまたま見た舞台に魅かれてオンシアター自由劇場に所属。白紙の状態から稽古に明け暮れ、『上海バンスキング』79のリリー役などで評価される。86年、大谷亮介らと役者集団“東京壱組”を旗揚げし、この時期からテレビドラマにも出演し始める。87年の梶間俊一監督「ちょうちん」で映画初出演。映像ジャンルでの初の大役は神代辰巳監督「噛む女」で、永島敏行を誘惑する“噛む女”役の凄艶な演技で注目される。椎名誠監督「うみ・そら・さんごのいいつたえ」91では石垣島に娘と帰郷した母親役をナチュラルに演じたが、やはりノワールな湿り気を湛えた女の妖気こそが際立ち、そのピークが石井隆監督「ヌードの夜」93で多くの映画ファンを魅了したヒロイン・名美役だった。石井作品には以後もたびたび助演する。以降ももっぱら陰のある役で存在感を出してきたが、フジテレビ『白線流し』96の温かい教師役、98年のブルーリボン賞、毎日映画コンクールなどの助演女優賞を受賞した山田洋次監督「学校Ⅲ」、相米慎二監督「あ、春」などを経て、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』01の助演でさばさばした持ち味を発揮する。若い頃は艶っぽい思い出もあり、年齢を重ねた今は家族や周囲を大切に朗らかに生きている、そんな背景の女性を演じれば絶品のリアリティを持つ。滝田洋二郎監督「おくりびと」08と西川美和監督「ディア・ドクター」09で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続受賞。途切れることなく映画、テレビドラマに出続けながら、96年の東京壱組解散後も数多くの舞台に立つ。06年に美術スタッフの男性と結婚。

キネマ旬報の記事

1994年臨時増刊 竹中直人の小宇宙

竹中直人を語る:余貴美子