男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

六平直政

  • Naomasa Musaka
  • 出演
本名
出身地 東京都中野区
生年月日 1954/04/10
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都中野区の生まれ。武蔵野美術大学在学中から現代日本美術展に入選するなど、彫刻家として頭角を現すが、大学院時代に主任教授と意見が食い違い、中退。その後は職業訓練校で学び、溶接工として町工場で働いていたが、唐十郎主宰の劇団状況劇場のスタッフ募集に応募して、演劇の世界へ入る。状況劇場には8年間在籍し、87年、劇団新宿梁山泊の旗揚げに参加。初公演の『パイナップル爆弾』以降、数々の舞台に出演する。その間は、300種を越えるアルバイトを経験して生活をしのいだという。そうした演劇活動の傍ら、80年代半ばより映画にも進出し、周防正行監督「シコふんじゃった。」92で演じた相撲部の強面OB役が評判で、出演依頼が続々と舞い込むようになる。アクの強い芝居と、一度見たら忘れられないほどのインパクトある個性的なルックスとで映画ファンに広く認知され、「ミンボーの女」92、「スーパーの女」96、「マルタイの女」97など伊丹十三監督作品の常連俳優としても活躍。新藤兼人、北野武らにも重用され、深作欣二監督「忠臣蔵外伝・四谷怪談」94、佐藤信介監督「修羅雪姫」01、本木克英監督「ドラッグストア・ガール」04、「ゲゲゲの鬼太郎」07、堤幸彦監督「大帝の剣」07などでの怪演も印象に残る。舞台、テレビドラマの出演も多数あり、凶暴な悪役から、凄みを愛敬に転じさせたコメディリリーフまで、手がける役柄は幅広い。

キネマ旬報の記事

2004年2月下旬決算特別号

特集 「嗤う伊右衛門」:六平直政 インタビュー

2004年2月上旬号

「ドラッグストア・ガール」:六平直政 グラビア&インタビュー