男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バトル・ロワイアル

  • ばとるろわいある
  • Battle Royale
  • Battle Royale

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    70.2点(390人)

  • 観たひと

    921

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル アクション / 戦争
製作国 日本
製作年 2000
公開年月日 2000/12/16
上映時間 113分
製作会社 「バトル・ロワイアル」製作委員会
配給 東映
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督深作欣二 
脚色深作健太 
原作高見広春 
製作総指揮高野育郎 
企画佐藤雅夫 
岡田真澄 
鎌谷照夫 
香山哲 
プロデューサー片岡公生 
小林千恵 
深作健太 
鍋島壽夫 
協力プロデューサー麓一志 
富山和弘 
加藤哲朗 
大野誠一 
松橋真三 
竹本克明 
撮影柳島克己 
美術部谷京子 
劇中画北野武 
装飾平井浩一 
音楽プロデューサー山木泰人 
主題歌ドラゴンアッシュ:(「静かな日々の階段を」)
録音安藤邦男 
音響効果柴崎憲治 
照明小野晃 
編集阿部浩英 
衣裳江橋綾子 
作編曲天野正道 
アシスタントプロデューサー小林勝江 
藤田大 
製作担当田中敏雄 
監督補原田徹 
スクリプター牧野千恵子 
スチール原田大三郎 
加藤義一 
VFXスーパーバイザー大屋哲男 
道木伸隆 
特殊メイク松井祐一 
製作委員会横溝重雄 
吉田順 
奔保彰良 
李由子 
綿引崇 
渡辺卓次 
小松賢志 
佐野俊広 
白濱なつみ 
樫野孝人 
中澤雅都 
田中和彦 
板谷健一 

キャスト

出演藤原竜也 七原秋也
前田亜季 中川典子
ビートたけし キタノ
山本太郎 川田章吾
安藤政信 桐山和雄
柴咲コウ 相馬光子
栗山千明 千草貴子
塚本高史 三村信史
高岡蒼佑 杉村弘樹
小谷幸弘 国信慶時
石川絵里 内海幸枝
神谷涼 野田聡美
三村恭代 琴弾加代子
島田豊 瀬戸豊
松沢蓮 飯島敬太
本田博仁 新井田和志
新田亮 元渕恭一
池田早矢加 江藤恵
永田杏奈 清水比呂乃
金澤祐香利 北村雪子
加藤操 日下友美子
日向瞳 榊祐子
石井里弥 谷沢はるか
金井愛砂美 松井知里
花村怜美 中川有香
柴田陽亮 沼井充
郷志郎 笹川竜平
増田裕生 黒長博
広川茂樹 月岡彰
三原珠紀 金井泉
嶋木智実 小川さくら
佐野泰臣 山本和彦
日下慎 赤松義生
西村豪起 大木立道
山口森広 織田敏憲
大西修 倉元洋二
横道智 旗上忠勝
内藤淳一 滝口優一郎
木下統耶子 稲田瑞穂
関口まい 南佳織
馬場喬子 矢作好美
野見山晴可 天堂真弓
井上亜紀 藤吉文世
岩村愛 前回優勝者の少女
美波 慶子
山村美智子 レポーター
深浦加奈子 バスガイド
宮村優子 ビデオのお姉さん
竜川剛 安城三尉
谷口高史 七原の父
中井出健 林田先生
芦川誠 スタントイン
出演(声)前田愛 キタノの娘の声

解説

新法の下、無人島で殺し合いをさせられることになった中学生たちの混乱と、やがてそこから生まれる生きる力を、メッセージ色豊かに描いたバイオレンス・アクション。監督は「おもちゃ」の深作欣二。高見広春による同名小説を、深作健太が脚色。撮影を「菊次郎の夏」の柳島克己が担当している。主演は、「仮面学園」の藤原竜也と「風を見た少年」の前田亜希、「御法度」のビートたけし。第24回日本アカデミー賞最優秀編集賞、第74回キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、第43回ブルーリボン賞作品賞、新人賞(藤原竜也)受賞作品。

あらすじ

新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。自信を失くし子供たちを恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称”BR法“だ。年に一度、全国の中学校の中から1クラスが選ばれ、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日の間に最後のひとりになるまで殺し合いをする法律である。そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。元担任・キタノの指導の下、食料と武器がそれぞれに渡されゲームが開始。極限状態に追い込まれた生徒たちは、様々な行動に出る。昨日までの友人を殺害する者、諦めて愛する人と死を選ぶ者、力を合わせて事態を回避しようとする者。そんな中、生徒のひとりである七原秋也は、同じ孤児院で育った親友・国信慶時がほのかな想いを寄せていた中川典子を守る為、武器を取ることを決意。当て馬としてゲームに参加した転校生の川田と共に島から脱出しようとする。そして、3日目。生き残った七原と中川は、キタノを倒し島からの脱出に成功する。だが、法律を破り指名手配犯となったふたりには、尚も走り続けなければならない運命が待っていた。

関連するキネマ旬報の記事

2009年4月下旬号

監督・市川準「buy a suit スーツを買う」公開に寄せて 映画作家の最後の作品には何が映ったか?:深作欣二「バトル・ロワイアル」

2001年8月上旬号

日本映画紹介:バトル・ロワイアル

2001年2月上旬号

劇場公開映画批評:バトル・ロワイヤル

劇場公開映画批評:バトル・ロワイヤル

2001年1月下旬新世紀特別号

「バトル・ロワイアル」石井紘基議員vs深作欣二監督、深夜の大論争の全貌:第2回

2001年1月上旬新年特別号

「バトル・ロワイアル」石井紘基議員vs深作欣二監督、深夜の大論争の全貌:第1回

2000年12月下旬号

巻頭特集 バトル・ロワイアル:藤原竜也 インタビュー

巻頭特集 バトル・ロワイアル:前田亜季 インタビュー

巻頭特集 バトル・ロワイアル:山本太郎 インタビュー

巻頭特集 バトル・ロワイアル:深作欣二 インタビュー

巻頭特集 バトル・ロワイアル:役者コラム

巻頭特集 バトル・ロワイアル:クリティック「バトル・ロワイヤル」

巻頭特集 バトル・ロワイアル:対談:深作健太(プロデューサー)×切通理作

2000年9月下旬号

HOT SHOTS:「バトル・ロワイアル」