男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

山本太郎

  • Taro Yamamoto
  • 出演/ナレーション
本名
出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 1974/11/24
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

兵庫県宝塚市の生まれ。箕面自由学園高校在学中に、日本テレビのバラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の人気コーナー“ダンス甲子園”に出場して、奇妙なダンスとユニークなキャラクターが注目を集める。高校を中退してそのまま芸能界に入り、当初はバラエティタレントとして活動していたが、やがて俳優に転じ、1991年の那須博之監督「代打教師 秋葉、真剣です!」で映画初出演。吉田栄作演じる熱血教師の教え子となる不良グループのリーダーで、元ラグビー特待生の田中広樹役を熱演した。フジテレビ『しあわせの決断』92、『17才』『幕末高校生』94などのテレビドラマを経て、96年のNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』では、財閥の御曹司でありアメフトのスター選手という海東壮平役を爽やかに演じ、肉体派タレントからのイメージチェンジを果たした。その後は、「突然炎のごとく」94、「岸和田少年愚連隊」96、「ビッグ・ショー!/ハワイに唄えば」99、「ゲロッパ!」03と、井筒和幸監督に多く起用される。不良ややくざの若頭などを演じていても気の好いあんちゃん的な雰囲気を感じさせるのは、これら一連の井筒作品や、竹内力主演のOV『難波金融伝・ミナミの帝王』シリーズ99~04で、竹内の舎弟役を20本以上も演じたことで定着したイメージだと思われる。2000年の深作欣二監督「バトル・ロワイアル」では物語の鍵を握る重要な役柄を演じて注目を集め、金守珍監督「夜を賭けて」02では映画初主演。戦後の大阪を舞台に、在日朝鮮人の集落に住む鉄屑窃盗団の青年・義夫をエネルギッシュに演じた。以降も映画・ドラマで、脇役ながらも持ち前の存在感を存分に発揮していたが、11年の東日本大震災を機に、原発事故に対する自身の考えを積極的に発信しはじめ、所属事務所を退社。反原発デモに参加するなどの直接行動を続けている。

キネマ旬報の記事

2012年1月上旬号

3.11をふまえて 何をするのか、何を描くのか:インタビュー 山本太郎

2008年11月下旬号

あの人はいつも映画の中に:第10回 山本太郎

2002年12月下旬号

FACE2002:山本太郎

2000年12月下旬号

巻頭特集 バトル・ロワイアル:山本太郎 インタビュー