男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

安藤政信

  • Masanobu Ando
  • 出演
本名
出身地 神奈川県川崎市
生年月日 1975/05/19
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県川崎市の生まれ。県立川崎工業高校在学中の1994年に、スカウトされて芸能界入り。96年、落ちこぼれの高校生二人組が極道とボクシングの道にそれぞれ進むという北野武監督の青春映画「キッズ・リターン」で主人公のボクサー役に起用され、キネマ旬報賞、日本アカデミー賞などの新人賞を総なめにするデビューを飾る。以降は、TBS『友達の恋人』97、『聖者の行進』『青の時代』98などのテレビドラマに次々とレギュラー出演し、特に『聖者の行進』では、知的障害を持つ妹のために自らも障害者のふりをしている青年という難役を演じて高い評価を得た。98年の下山天監督「イノセントワールド」でも知的障害者役を好演。矢口史靖監督「アドレナリンドライブ」99、SABU監督「MONDAY」00、「DRIVE」02、本広克行監督「スペーストラベラーズ」00、中野裕之監督「RED SHADOW/赤影」01のような疾走感あふれる娯楽作から、降旗康男監督「鉄道員(ぽっぽや)」99、本広監督「サトラレ」01のような心温まる感動作まで幅広い映画に出演を重ねる。賛否両論が巻き起こった深作欣二監督「バトル・ロワイアル」00では、台詞が一切ない不気味な役柄で、多くの若手俳優の中でも圧倒的な存在感を見せつけた。2001年以降はテレビドラマに一切出演せず、映画一筋の活動。三池崇史監督「46億年の恋」06、塚本晋也監督「悪夢探偵」07といったダークなテイストの作品に出演したり、三池監督「スキヤキ・ウエスタン/ジャンゴ」07では狂気の男を演じる。03年の短篇集「SF/Short Films」では「アダージェット」で監督にも挑戦した。一時は仕事量をセーブしたが、中国の陳凱歌監督「花の生涯・梅蘭芳」08で伝説の京劇役者・梅蘭芳と固い絆を結ぶ日本人将校役を演じて以降、海外作品に続けて進出。中国の時代劇コメディ「刀見笑」11では芸者に恋をする肉屋の男役で主演した。同年、久々の日本映画となる石井克人監督「スマグラー・おまえの未来を運べ」に出演。

キネマ旬報の記事

臨時増刊9月22日号 KINEJUN next vol.04

特集「スマグラー おまえの未来を運べ」:Interview 安藤政信

2009年4月上旬号

HOT SHOTS:「花の生涯~梅蘭芳~」レオン・ライ&チャン・ツーイー&安藤政信舞台挨拶

2004年7月下旬号

巻頭特集 「69 sixty nine」:安藤政信 インタビュー

2002年8月下旬号

FACE2002:安藤政信

2001年11月上旬号

追悼特集 相米慎二:工藤夕貴、小泉今日子、斉藤由貴、速水典子、牧瀬里穂、薬師丸ひろ子、浅野忠信、安藤政信、柄本明、佐藤浩市、竹中直人、鶴見辰吾、寺田農、中井貴一、永瀬正敏、三浦友和、三國連太郎、武藤敬司、山崎努、榎戸耕史、小川久美子、熊谷秀夫

2001年8月下旬号

FACE:安藤政信

2001年3月下旬号

巻頭特集 「サトラレ」:グラビア 鈴木京香、八千草薫、安藤政信

巻頭特集 「サトラレ」:安藤政信 インタビュー

2000年4月上旬春の特別号

巻頭特集 スペーストラベラーズ:グラビア 金城武、安藤政信、池内博之、深津絵里、渡辺謙

巻頭特集 スペーストラベラーズ:安藤政信 インタビュー

1999年6月下旬号

特集 アドレナリンドライブ:安藤政信 インタビュー

1998年10月上旬号

FACE:安藤政信

1997年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:新人男優賞 安藤政信

1996年8月上旬号

巻頭特集 映画監督 北野武:安藤政信 インタビュー

1959年新年特別号

日本映画紹介:男十九の渡り鳥