男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

北野武

  • Takeshi Kitano
  • 監督/脚本/編集/出演/音楽/原作
本名 北野武
出身地 東京都足立区
生年月日 1947/01/18
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都足立区の生まれ。本名・北野武。ペンキ職人の父・菊次郎と母・さきの三男一女の三男で末子。やんちゃだった少年時代の家族の姿は、のちに自伝的な著書に記され、NHK『たけしくんハイ!』85・86、テレビ朝日『菊次郎とさき』01~07などドラマ化もされ有名となる。すぐ上の兄・北野大(まさる)はテレビのコメンテーターなどをつとめる明治大学教授で工学博士。1965年、母の勧めで明治大学工学部機械工学科に進むが、大学へはほとんど行かず、新宿のジャズ喫茶など転々とアルバイト生活を送る。72年、ストリップ劇場の“浅草フランス座”で働き始め、座長の深見千三郎に弟子入り。74年頃から兼子二郎(=ビートきよし)と漫才コンビ“ツービート”を組み、どぎつい芸風で徐々に頭角を現す。70年代末に漫才ブームが到来し、フジテレビ『花王名人劇場』『THE MANZAI』などの演芸番組に多数出演。毒舌漫才で大人気を得る。81年、フジテレビのコントバラエティ『オレたちひょうきん族』が放送開始。“タケちゃんマン”を演じ、ファン層を拡大していく。ニッポン放送の深夜ラジオ『オールナイトニッポン』のパーソナリティもつとめ、世の偽善を早口でこき下ろす鋭い嗅覚と小児的破壊性、同居する醒めた知性と含羞で、稀有なタイプの時代のトリックスターとなる。漫才ブームが収束する頃になると、コンビを離れての仕事が多くなり、81年の関本郁夫監督「ダンプ渡り鳥」で映画初出演。小谷承靖監督「すっかり…その気で!」81では初主演もつとめるが、だらしない男の役が光った東陽一監督「マノン」81の助演以外はテレビ人気の延長上に留まる。しかし、久世光彦演出のTBS『刑事ヨロシク』82を経た83年、大島渚監督「戦場のメリークリスマス」に俘虜収容所のハラ軍曹役で出演。軍人精神に凝り固まった粗野なハラが英軍将校・ロレンスに友情を覚えていく葛藤を好演して、毎日映画コンクール男優助演賞を受賞する。同年のTBS『昭和四十六年・大久保清の犯罪』では実在の連続女性誘拐殺人犯を演じ、その精神のいびつさを怖いほどに体現して、俳優としての評価を不動のものにする。85年の降旗康男監督「夜叉」85で高倉健と共演。瀬川昌治監督「哀しい気分でジョーク」85の難病の息子を抱えた父親役は好評だったが、ヒューマニズムにすぐ背を向け、わずかな出番で場をさらった滝田洋二郎監督「コミック雑誌なんかいらない!」86の殺人犯役は出色となる。86年、写真週刊誌『フライデー』の過度な取材に立腹し、弟子の“たけし軍団”とともに編集部を襲って、傷害などで逮捕。執行猶予付きの有罪判決を受けるが、謹慎・復帰後はさらにカリスマ熱を帯びた支持を高める。日本テレビ『スーパーJOCKEY』『天才たけしの元気が出るテレビ!!』、TBS『風雲!たけし城』などバラエティ番組での大活躍と、俳優として見せる殺気との振幅が際立っていた89年、主演作「その男、凶暴につき」の監督を本名で兼任。劇映画のルーティンをことごとく壊す純粋な映画指向の作家・北野武の誕生と同時に、その意図を最も理解する主演俳優となる。以降の監督作が高い評価と興行不振の落差に苦しむ中、テレビ界ではその毒舌が文化人的見識として遇されるようになっていく。94年にバイク事故で重傷を負い、顔面麻痺で一時は再起が危ぶまれたが、95年に復帰。同年の石井隆監督「GONIN」では眼帯姿で殺し屋を演じ、虚無的な影が全身に張り付いた強烈な姿を見せる。監督作を通じて海外での知名度が上がり、ロバート・ロンゴ監督「JM」95、ジャン=ピエール・リモザン監督「TOKYO EYES」98に出演。大島監督「御法度」99、深作欣二監督「バトル・ロワイアル」00でも重要な役で巨匠の野心作を支え、2004年の崔洋一監督「血と骨」では在日朝鮮人一家の怪物的な家長役で主演をつとめる。暴力を通して昭和の戦後の澱を暴く特異な個性の集大成とし、キネマ旬報賞主演男優賞を獲得。自身の監督作では長篇15本のうち12本に自ら主演し、「ソナチネ」93、「HANA-BI」98をはじめ、破滅願望に憑かれた寡黙な刑事ややくざ役が多いのが特徴である。テレビドラマはほかに、TBS『イエスの方舟』85、『浮浪雲』90、『説得』93、フジテレビ『金(キム)の戦争』91、『三億円事件・20世紀最後の謎』00、テレビ朝日『兄弟』99、『張り込み』02、『点と線』07、『検事・鬼島平八郎』10、日本テレビ『鬼畜』02など。年輪を重ねるごとに土着的哀切を湛えた役が増え、TBS『あの戦争は何だったのか・日米開戦と東条英機』08では真面目すぎた愚直な小人物として東条英機を演じる複雑な域に達する。2012年公開予定の降旗監督「あなたへ」では主演の高倉健と、「夜叉」以来27年ぶりの再共演を果たす。元漫才師の幹子夫人と78年に結婚。一男一女があり、長女・井子は98年に歌手としてデビューした。

キネマ旬報の記事

2018年5月上旬特別号

追悼 現場者・大杉漣:北野武の言葉より

2017年8月上旬号

監督×俳優 最強/注目コンビの話題作2017-2018:〈監督=主演〉北野武×ビートたけし 「アウトレイジ 最終章」

2016年5月下旬号

昭和の闇をえぐった映画たち:コラム 二つの顔を持つ男―俳優・ビートたけしと昭和の事件

2015年5月上旬号

「龍三と七人の子分たち」見て笑えバカヤロウ! じゃなきゃ暴(や)っちゃうぞコノヤロウ!!:再録 足立区のたけし、世界の北野映画を語る

2013年3月上旬号

日本映画衛星放送:北野武、映像の天才 森昌行(オフィス北野代表取締役社長)インタビュー

2012年10月下旬号

巻頭特集 映画は何を殴るのか 北野武のビート「アウトレイジ ビヨンド」:悪の観相学

巻頭特集 映画は何を殴るのか 北野武のビート「アウトレイジ ビヨンド」:「アウトレイジ ビヨンド」の『位置』

巻頭特集 映画は何を殴るのか 北野武のビート「アウトレイジ ビヨンド」:組織暴力の純粋形態

巻頭特集 映画は何を殴るのか 北野武のビート「アウトレイジ ビヨンド」:沈黙に、耳を傾けよ

巻頭特集 映画は何を殴るのか 北野武のビート「アウトレイジ ビヨンド」:井上雅義インタビュー

2010年6月下旬号

Takeshi Kitano l'imprevisible -「アウトレイジ」に至る北野武/ビートたけしの軌跡:対談:長谷正人×轟夕紀夫

2010年4月下旬号

HOT SHOTS:北野武監督フランス芸術文化勲章コマンドール受賞

2008年10月上旬号

特集 「アキレスと亀」:「HANA-BI」以降の北野武 vs ビートたけし

特集 「アキレスと亀」:世界のキタノ映画をめぐる断章

2007年6月上旬号

特別企画 「監督・ばんざい!」で北野武監督ばんざい!:グラビア

特別企画 「監督・ばんざい!」で北野武監督ばんざい!:北野武[監督] ロングインタビュー

特別企画 「監督・ばんざい!」で北野武監督ばんざい!:江守徹 インタビュー

特別企画 「監督・ばんざい!」で北野武監督ばんざい!:森昌行[プロデューサー] インタビュー

特別企画 「監督・ばんざい!」で北野武監督ばんざい!:作品評

特別企画 「監督・ばんざい!」で北野武監督ばんざい!:作家論

2005年11月下旬号

特別企画 「TAKESHIS'」:北野武からの挑戦状「TAKESHI'」をどう読みとるか

FACE2005:北野武

2005年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演男優賞 ビートたけし

2004年11月下旬号

巻頭特集 「血と骨」:ビートたけし インタビュー

2004年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:読者選出日本映画監督賞 北野武

2003年10月下旬号

評論家発映画論:「座頭市」と北野武監督

2003年9月下旬号

特集 「座頭市」:北野武監督 インタビュー

2002年10月下旬号

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:北野武監督ヴェネチア会見

2001年1月下旬新世紀特別号

作品特集 BROTHER:北野武(監督) インタビュー

2001年1月上旬新年特別号

巻頭特集 2001年の映画、21世紀の人:「BROTHER」北野武

2000年11月下旬特別号

HOT SHOTS:北野武&イーストウッド

2000年4月下旬号

FACE:北野武

1999年12月下旬号

HOT SHOTS:北野武「BROTHER」&石橋凌

1999年10月上旬号 創刊80周年特別号1

創刊80周年記念特集 映画作家は語る:北野武「北野武監督、学生と語る」

1999年7月上旬夏の特別号

スペシャル 北野武 in カンヌ:マネージャー伊従淳一のカンヌ日誌<完全版>

スペシャル 北野武 in カンヌ:カンヌの日本映画の評判

1999年6月上旬号

巻頭特集 菊次郎の夏:北野武 ロングインタビュー

巻頭特集 菊次郎の夏:座談会 「北野武の肖像」 篠崎誠×梁時栄×米澤和幸

巻頭特集 菊次郎の夏:北野武、「菊次郎の夏」の日々撮影日誌

1999年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:読者選出日本映画監督賞 北野武

1998年1月下旬号

巻頭特集 HANA-BI:北野武 インタビュー

1998年1月上旬新年特別号

HOT SHOTS:浅草たけしを祝う会&北野武ギャラリー

1997年11月下旬号

FACE:北野武

1997年10月下旬号

スペシャル・レポート:北野武、ヴェネツィア映画祭の5日間

1996年8月上旬号

巻頭特集 映画監督 北野武:北野武監督 インタビュー

巻頭特集 映画監督 北野武:作品評

巻頭特集 映画監督 北野武:安藤政信 インタビュー

巻頭特集 映画監督 北野武:金子賢 インタビュー

巻頭特集 映画監督 北野武:撮影日誌

巻頭特集 映画監督 北野武:撮影日誌・ボクシング編

巻頭特集 映画監督 北野武:北野武論

1996年1月下旬号

ビデオ:映画とビデオの相互関係<北野武>

1995年3月下旬号

グラビア 《Hot Shots》 :ビートたけし復活!

1995年2月上旬号

特集 みんな~やってるか!:北野武フィルモグラフィ

特集 みんな~やってるか!:ロンドンのたけしフィーバー ロンドン映画祭レポート

特集 みんな~やってるか!:ビート・ゴーズ・オン たけしインタビュー

特集 みんな~やってるか!:BBCが選んだ北野武

特集 みんな~やってるか!:北野武の映画作りの真相に迫る! 対談 吉田多喜男×モンロー浩洋

1993年6月下旬号

特集 ソナチネ:北野武監督 ロング・インタビュー

1992年2月下旬決算特別号

特別グラビア:読者選出日本映画監督賞 北野武

1991年10月下旬号

特集 あの夏、いちばん静かな海。:監督 インタビュー

特集 あの夏、いちばん静かな海。:北野武の監督日記 終

1991年10月上旬号

特別企画 北野武の監督日記:第2回

1991年9月下旬号

特別企画 北野武の監督日記:第1回

1990年9月下旬号

特集 3-4×10月:たけちゃんの監督日記・後篇

1990年9月上旬号

スペシャル・レポート:たけちゃんの監督日記「3-4×10月」前篇

1990年3月下旬号

VIDEO:ビデオで観る北野武

1989年8月下旬上半期決算特別号

特集 その男、凶暴につき:ビートたけし インタビュー

1989年7月下旬号

たけちゃんの監督日記:最終回

1989年7月上旬号

たけちゃんの監督日記:第4回

1989年6月下旬号

たけちゃんの監督日記:第3回

1989年6月上旬号

たけちゃんの監督日記:第2回

1989年5月下旬号

たけちゃんの監督日記:第1回

1989年5月上旬号

たけちゃんの監督日記:プロローグ

1959年1月下旬号

キネマ旬報無題欄:こんな人を知らないか

本誌特集レポート 正月3カ日全国景況:カンヌの日本映画の評判

1958年臨時増刊 目で見る日本映画の六十年

2・無声映画の完成:尾上松之助の活躍

2・無声映画の完成:現代風俗の映画化

2・無声映画の完成:時代劇・現代劇の名作

1958年9月上旬号

日本映画紹介:ソ連脱出・女軍医と偽狂人