男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

深作欣二

  • Kinzi Fukasaku
  • 監督/脚本/原作/出演
本名
出身地 茨城県水戸市千波町
生年月日 1930/07/03
没年月日 2003/1/12

関連作を買う

関連作を買う

略歴

日本の戦後を暴力描写で総括したエース。茨城県生まれ。五人きょうだいの末っ子。水戸中学3年の時に工場へ勤労動員、米軍の艦砲射撃に「気が狂いそう」なほど怯えながら戦闘機の機関銃を作る。戦後、学業の意欲が湧かず鬱屈する時期に映画と出会い、1949年に日本大学芸術学部映画科へ。ロッセリーニの焼跡リアリズムに大きな衝撃を受ける。53年に東映入社。事務職が苦痛で現場を志願、翌年、東京撮影所助監督部に。40本近い現場で働くが巨匠の作品に付けず、メーデーに参加しても面白くなく、やはり鬱屈の日々だったという。61年、ニュー東映の中篇「風来坊探偵・赤い谷の惨劇」を撮る。デビュー後もしばらく身が入らなかったが、東撮に移籍して来た石井輝男の活躍に刺激を受ける。「誇り高き挑戦」(62)、「ジャコ萬と鉄」(64)と次第に手応えを?み、スラム育ちの三兄弟が憎み合う「狼と豚と人間」(64)を監督。これが会社を怒らせ、一年以上干される。この間に女優の中原早苗と結婚。東映と本数契約になった復帰後は、東撮で鶴田浩二主演の現代任侠物を手掛け、松竹で「黒蜥蜴」「恐喝こそわが人生」(68)などを撮る。舛田利雄に請われて協力した「トラ・トラ・トラ!」(70)のギャラで原作権を買い、独立プロ作品「軍旗はためく下に」(72)を監督。戦争の風化で弱者の声が抹殺される怒りを初めて存分に描き、高く評価される。任侠美学が理解できず東映の本流に乗れずにいたが、「一番悪い奴が主人公」という狙いと、任侠路線の次を模索する会社の方針がようやく一致。菅原文太主演「現代やくざ・人斬り与太」(72)が、大きな路線転換の起爆剤となる。実録路線の頂点は、広島やくざ抗争20年の記録を暴力による戦後史と捉えた「仁義なき戦い」(73~74)5部作。沈滞していた日本映画全体を活気づける大ヒットとなり、勢いに乗って新シリーズや「仁義の墓場」「県警対組織暴力」(75)などを連発。一躍カリスマ監督となる。以降は押しも押されぬ大家として「柳生一族の陰謀」(78)、「復活の日」(80)、「蒲田行進曲」(82)、「里見八犬伝」(83)、「火宅の人」(86)などを発表。どんな題材にも躍動感を注ぎ込むスタミナで、幅広い層の観客を呼ぶ。90年代に入ると野良犬アクション「いつかギラギラする日」(92)、落伍者の立場から描く「忠臣蔵外伝・四谷怪談」(94)で原点回帰の姿勢を見せる。珍しく劇中に死者の出ない文芸ドラマ「おもちゃ」(99)の次作は、中学生が殺し合う近未来バイオレンス「バトル・ロワイアル」(00)で、物議を醸しながら大ヒット。前立腺がんであることを公表して続編に臨むが、クランクイン直後に入院、2003年1月に死去。続編「バトル・ロワイアルII【鎮魂歌】」は息子の健太が引き継いで完成させた。

キネマ旬報の記事

2013年1月上旬号

深作欣二 没後10年:追想 プロデューサー泣かせの作さんとの日々

2009年4月下旬号

監督・市川準「buy a suit スーツを買う」公開に寄せて 映画作家の最後の作品には何が映ったか?:深作欣二「バトル・ロワイアル」

2004年2月下旬決算特別号

HOT SHOTS:深作欣二監督を偲ぶ会

2003年5月上旬特別号

シネガイド・スペシャル:「映画監督・深作欣二」

2003年3月上旬号

ルポ 深作欣二監督葬儀:

2001年9月下旬号

巻頭特集 「ファイナルファンタジー」:ゲームに挑む映画人 深作欣二監督 インタビュー

2001年1月下旬新世紀特別号

「バトル・ロワイアル」石井紘基議員vs深作欣二監督、深夜の大論争の全貌:第2回

2001年1月上旬新年特別号

「バトル・ロワイアル」石井紘基議員vs深作欣二監督、深夜の大論争の全貌:第1回

2000年12月下旬号

巻頭特集 バトル・ロワイアル:深作欣二 インタビュー

追悼 工藤栄一:

1999年1月下旬号

特集 おもちゃ:深作欣二監督 インタビュー

1996年3月上旬号

原一男×深作欣二 三夜徹底トーク:

1996年2月下旬決算特別号

特集 対談 深作欣二×山根貞男:東映映画40年の流れと魅力を語る 下

1996年2月上旬号

特別企画 対談 深作欣二×山根貞男:東映映画の流れと魅力を語る 上

1994年臨時増刊 忠臣蔵 映像の世界

忠臣蔵外伝四谷怪談:深作欣二インタビュー

1992年12月上旬号

巻頭特集 甦るフィルム、甦った「忠次旅日記」:「忠次旅日記」をめぐる感動の声 新藤兼人、野上照代、篠田正浩、深作欣二、森卓也、井家上隆幸、西脇英夫、梶田章 インタビュー

1992年9月下旬号

特集 新・世界の映画作家と新作研究 10 深作欣二と「いつかギラギラする日」:全自作を語る

特集 新・世界の映画作家と新作研究 10 深作欣二と「いつかギラギラする日」:深作アクションの系譜と「いつかギラギラする日」

特集 新・世界の映画作家と新作研究 10 深作欣二と「いつかギラギラする日」:フィルモグラフィ

1992年8月上旬号

特別企画 フォーラム報告「良いにほんえいが悪いにほんえいが」:発言者:奥山和由・岡田裕・深作欣二・品田雄吉・黒井和男

1988年10月上旬号

特集 華の乱:深作欣二 インタビュー

特集 華の乱:シナリオ

1987年2月下旬決算特別号

特別グラビア:読者選出日本映画監督賞 深作欣二

1986年4月上旬号

特集 火宅の人:深作欣二監督 インタビュー

1984年10月下旬号

特集 上海バンスキング 深作欣二監督作品:監督 インタビュー

1983年12月下旬号

特集 里見八犬伝 深作欣二監督作品:真田広之と美術

1983年2月下旬決算特別号

特別グラビア:日本映画監督賞/読者選出日本映画監督賞 深作欣二

特別対談 「蒲田行進曲」で描いた活動屋の意地と誇り:深作欣二×中邑宗雄

1982年6月下旬号

特集 道頓堀川:深作欣二監督インタビュー

特集 道頓堀川:脚本

1981年6月上旬号

特集 「魔界転生」:対談 深作欣二×辻村ジュサブロー

特集 「魔界転生」:脚本

1980年6月下旬号

特集 「復活の日」:3 ドキュメント・深作欣二

特集 「復活の日」:脚本

1978年11月上旬号

特集 「赤穂城断絶」:1 リレー・インタビュー 現代に〈忠臣蔵〉を甦らせた4人の男たち 深作欣二

1978年1月上旬新年特別号

特集 「柳生一族の陰謀」:シナリオ

1977年4月下旬号

ヒマジン・クラブ:深作欣二のロックンロール

1976年11月上旬号

グラビア:渡哲也・深作欣二「やくざの墓場・くちなしの花」

シナリオ:浪人街・ぎんぎら決闘録

1976年10月下旬号

私の次回作:

1975年1月上旬新年特別号

〈座談会〉 「仁義なき戦い」のエネルギーをいかに「新・仁義なき戦い」に新展開させるのか:深作欣二×菅原文太×神波史男

1974年4月上旬号

福岡読者のベスト・ワン表彰式に出席して:

1974年2月下旬号

随想 :

〈特別ディスカッション〉 「コーザ・ノストラ」が描くマフィアの謎:田中潤司×深作欣二×菅原文太×田山力哉×三木宮彦×河原畑寧

1974年1月下旬正月特別号

グラビア:深作欣二監督 「仁義なき戦い・頂上作戦」

〈特別ディスカッション〉 「仁義なき戦い・頂上作戦」のテーマは何か:深作欣二×菅原文太×笠原和夫×日下部五朗×酒井良雄

1973年5月上旬号

グラビア:撮影快調!深作欣二 仁義なき戦い・広島死闘篇

1972年11月30日号増刊 1970年代ソビエト映画全展望

私とソビエト映画:深作欣二

1972年8月上旬号

座談会 ファミリアな雰囲気で見たA・A新興国の映画:深作欣二×岩崎昶×川喜多かしこ×山田和夫×嶋地孝麿

1972年6月下旬号

世界の映画作家:深作欣二と菅原文太 現代と〈暴力〉を語る

1972年5月上旬号

グラビア:深作欣二/現代やくざ・人斬り与太

1971年12月下旬号

特別グラビア:軍旗はためく下に/深作欣二

1971年9月下旬号

次回作:

1970年4月上旬春の特別号

顔と言葉:

1969年1月上旬新年特別号

次回作:黒薔薇の館

1968年8月下旬号

スタッフ特写:「黒蜥蜴」の深作欣二組

1967年4月上旬春の特別号

特集 時代を担う青年監督たち :青年監督30人の作家歴とその主張 付・監督論

1966年5月上旬号

次回作:カミカゼ野郎真昼の決斗

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1964年8月上旬号

次回作:「暴風圏」その他

1964年7月上旬夏の特別号

3大異色シナリオ:狼と豚と人間