男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer

  • けいぞくえいがびゅーてぃふるどりーまー
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    63.0点(177人)

  • 観たひと

    354

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2000
公開年月日 2000/3/4
上映時間 119分
製作会社 TBS=角川書店=キングレコード(製作協力 セディックインターナショナル)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督堤幸彦 
脚本西荻弓絵 
企画原田俊明 
企画協力蒔田光治 
製作児玉守弘 
阿部忠道 
大月俊倫 
プロデューサー植田博樹 
田上節朗 
濱名一哉 
協力プロデューサー中澤敏明 
大川裕 
森山敦 
撮影唐沢悟 
美術佐々木尚 
装飾鈴村高正 
アートコンセプト青木ゆかり 
音楽見岳章 
サウンドプロデュース志田博英 
主題歌中谷美紀:(「クロック・ラヴ Remix Version」)
録音井上宗一 
音響効果亀森素子 
仲西匡 
北澤寛之 
照明石田健司 
編集上野聡一 
衣裳熊谷友江 
スタイリスト平尾俊 
ラインプロデューサー西村大志 
山本章 
製作担当由利芳伸 
助監督佐藤隆之 
スクリプター奥平綾子 
スチール野上哲夫 
ビジュアル・エフェクトTBS CG 
モノリス 
デジタルメディアラボ 
イマージュ 
イクイティエンタテインメント 
フィルムI/O 
VFXスーパーバイザー曽利文彦 

キャスト

出演中谷美紀 柴田純
渡部篤郎 真山徹
大河内奈々子 磯山章子
鈴木紗理奈 木戸彩
小雪 霧島七海
竜雷太 野々村光太郎
生瀬勝久 遠山金太郎
徳井優 近藤昭男
泉谷しげる 壺坂邦男
高木将太 朝倉祐人
村井克行 斑目重友
峯村リエ 今井夏紀
田口トモロヲ 瀧山吉弘
片桐はいり 長谷川裕子
酒井敏也 喜多一尋
大川浩樹 栗原宏悦
三角八朗 内藤亜希雄
野添義弘 仁平智
伊丹幸雄 塩川正義
矢島健一 林田誠一
有福正志 長尾昇
泉ピン子 野々村昭子
天本英世 金魚売りの男
清水よし子 壺坂の妻
西尾まり 大沢麻衣子
梨本謙次郎 柴田純成
多田亜沙美 真山沙織
永田杏奈 
津田延代 磯山早苗
小島莉子 少女時代の柴田
後閑まや 少女時代の七海
小西舞 少女時代の章子(美空)
華月ともこ 柴田の母
谷津勲 的おやじ
サバ男 サバ男
デビット伊東 TBS局内の人たち
Bro. KORN TBS局内の人たち
KERA TBS局内の人たち
犬山犬子 TBS局内の人たち
徳山秀徳 TBS局内の人たち

解説

謎の孤島を舞台に、未解決事件の継続捜査に訪れた捜査官たちに降りかかる悪夢を描いた、人気のテレビ・シリーズを受けて製作されたミステリー。監督は「新生トイレの花子さん」の堤幸彦。脚本は西荻弓絵。撮影を「新生 トイレの花子さん」の唐沢悟が担当している。主演は、「リング2」の中谷美紀と「heat after dark」の渡部篤郎。

あらすじ

未解決事件の継続捜査を専門に扱う警視庁捜査一課弐係。突然の人事により、定年退職を10日後に控えた野々村係長に代わって赴任してきたのは、八王子西署の署長・柴田であった。着任早々、彼女の下に15年前に沈没した第七神竜丸の7人の生存者のうちのひとりである磯山早苗の娘・章子が、事故で亡くなった霧島夫妻の娘・七海から母に贈られてきた厄神島への招待状を持って訪れた。実は、霧島夫妻の死には同乗者たちによる殺人の疑いがあったが、証拠不十分で迷宮入りし弐係扱いになっていたのだ。七海の招待を不安がる章子の頼みで、島へ同行することになった柴田と警部補の真山。ふたりは生存者である他の招待客と厄神島に向かうが、その島は昔から周辺で原因不明の遭難事故が多発し、時に島自体が姿を消してしまうという不気味な伝説のある謎の孤島でもあった。島に到着した一行は、七海に手厚い歓待を受ける。ところが、やがて彼女は両親の死の真相を明らかにするよう招待客に求め始め、誰一人罪を認める者がいないと分かると連続殺人を予告。そして、柴田と真山の目の前で招待客が殺されていった……。しかし、柴田の名推理により犯人は七海と、彼女の二卵性双生児の妹であった章子であることが判明する。こうして事件を解決した柴田と真山。しかしその時、火山島である厄神島に磁場が発生し、ふたりの前に死者たちが蘇った。そこで、養女に出されていた柴田は本当の父親と、真山の前にはレイプされ自殺した妹・沙織や彼をエリートコースから転落させたレイプ犯で宿敵の朝倉、更にその朝倉を殺そうとして自爆した壺坂に再会。それぞれの忌まわしい過去と対峙した後、ふたりは島からの脱出を図り海を漂流する……。

関連するキネマ旬報の記事

2000年6月上旬号

日本映画紹介:ケイゾク/映画

2000年4月下旬号

劇場公開映画批評:ケイゾク/映画

2000年3月上旬号

巻頭特集 ケイゾク/映画:グラビア

巻頭特集 ケイゾク/映画:対談 中谷美紀×渡部篤郎

巻頭特集 ケイゾク/映画:堤幸彦監督 インタビュー

巻頭特集 ケイゾク/映画:作品評

巻頭特集 ケイゾク/映画:作品評

巻頭特集 ケイゾク/映画:「ケイゾク/映画」の謎

巻頭特集 ケイゾク/映画:テレビ・シリーズ ダイジェスト

2000年2月下旬決算特別号

撮影現場ルポ:「ケイゾク/映画」

2000年2月上旬号

撮影現場ルポ:ケイゾク/映画

2000年1月下旬号

「ケイゾク/キネ旬」:第1回

2000年1月上旬新年特別号

HOT SHOTS:「ケイゾク/映画」撮影現場

1999年11月下旬号

巻頭特集 TVドラマと映画:グラビア 「GTO」「サラリーマン金太郎」「ケイゾク/映画」「スペーストラベラーズ」「アナザヘヴン」「はつ恋」

巻頭特集 TVドラマと映画:「ケイゾク」