男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

泉ピン子

  • Izumi Pinko
  • 出演
本名 江口小夜
出身地 東京都中央区銀座の生まれ
生年月日 1947/09/11
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都中央区銀座の生まれ。父は浪曲師の広沢竜造。中学卒業後、歌手を目指して日本音楽学校に入学するが、家族がやっていた五反田のおにぎり屋を手伝ううち漫談家の牧伸二と知り合い、66 年、学校を3年で中退。牧に入門して「三門(みかど)マリ子」の芸名で女漫談家としてデビュー。その後、ワイドショーやお笑い番組に出演し、ユニークな存在として次第に注目を集めるようになる。75年、日本テレビの『テレビ三面記事・ウィークエンダー』にレポーターとして起用されたことを機に「泉ピン子」と改名。愛嬌ある丸顔から発する放送コードすれすれのきわどい発言が大いに受けて、一気に知名度を上げた。同年、余勢を駆って田中登監督の東映「神戸国際ギャング」で映画初出演。牧口雄二監督の「戦後猟奇犯罪史」76 ではテレビの『ウィークエンダー』ふうにレポーターとして出演。松竹の「男はつらいよ・噂の寅次郎」78 では女寅さんといった役柄で笑いをふりまいた。その後、喜劇的役柄から転換をはかって、橋田壽賀子脚本のNHK『夫婦』78 などシリアスな役も演じるようになり、日本テレビ『手ごろな女』80 で初主演。81 年には再び橋田脚本のNHK 大河ドラマ『おんな太閤記』に、佐久間良子ふんする“ ねね” の妹役で出演した。NHK『おしん』83 の好演により女優としての評価も定着。TBS『おんなは一生懸命』87、『渡る世間は鬼ばかり』90 ~11、NHK『おんなは度胸』92 と橋田ドラマにたて続けに出演し、いわゆる“ 橋田ファミリー” の一員として実力派女優の地位を確立した。なかでも中華料理店“ 幸楽” の次女・五月を演じた『渡る世間は鬼ばかり』は20 年以上続く国民的長寿シリーズで、ライフワークとなった。一方、舞台女優としても活躍、橋田作品の舞台化を中心に多数出演している。その間、映画はアニメ「おしん」84 に声の出演をしたほか、「次郎物語」87、「善人の条件」89、「遺産相続」90 に助演。西河克己監督「一杯のかけそば」92 では貧しい母親役で主演をつとめ、最近ではリメイク版の「私は貝になりたい」08 などに顔を見せている。

キネマ旬報の記事