男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

泉谷しげる

  • Shigeru Izumiya
  • 出演/音楽/監督/美術
本名 泉谷茂
出身地 東京都目黒区
生年月日 1948年5月11日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都目黒区の生まれ。本名・泉谷茂。都立目黒高校を中退後、漫画家を志しながら京浜工業地帯で肉体労働に従事するが、仕事のかたわら続けていた歌が認められ、1971年にアルバム『泉谷しげる登場』で歌手デビューする。翌72年に発表した『春・夏・秋・冬』がヒットして脚光を浴び、フォークブームの全盛期を代表するシンガーソングライターのひとりに。78年、アマチュア時代の石井聰亙監督の8ミリ作品「突撃!博多愚連隊」に出演したのち、澤田幸弘・石井共同監督による日活「高校大パニック」で本格的に映画初出演を飾る。79年には「拳銃殺陣師・第一部死闘編」で監督・製作・脚本・音楽・撮影・美術の一人六役に加え、都会の片隅で暮らす主人公の探偵も自ら演じた。さらに同年、恩地日出夫が演出を手がけたテレビ朝日『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』で、実在の事件をモデルにした誘拐犯を演じて強烈な印象を与え、以後、ミュージシャンとしてだけでなく俳優としても認知されていく。80年、下層庶民の人間ドラマを描いた今村昌平監督「ええじゃないか」に主演したのを皮切りに、多数の映画で特異な個性を発揮。83年にはTBS『金曜日の妻たち』にレギュラー出演して知名度を全国に広げる。その後も映画、テレビドラマのさまざまな作品でスパイス的な幅広い役割を担い、頑固親父や犯罪者役を得意とする名バイプレイヤーとなっていった。また、持ち前の毒舌でバラエティ番組等のコメンテーターとして重宝される一方、近年は孫を溺愛するキャラも浸透し、広い世代から愛される。93年の北海道南西沖地震、95年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災といった災害時には、全国各地の路上で“一人でフォークゲリラ”と称したチャリティー・ライヴを展開し被災地救済を訴えている。

キネマ旬報の記事

1986年6月上旬号

特集 暴走機関車:短評

1982年4月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1982年3月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1982年3月上旬号

マイ・ビデオ・ライフ:

ヒマジン・クラブ:

1982年2月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1982年1月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1982年1月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年12月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年12月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年11月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年11月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年10月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年10月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年9月下旬

ヒマジン・クラブ:

1981年9月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年8月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年8月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年7月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年7月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年6月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年6月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年5月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年5月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年4月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年4月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1981年3月下旬号

再開!ヒマジン・クラブ:

1981年3月上旬号

特集 「ええじゃないか」:2 座談会 画面に炸裂するエネルギッシュな役者魂 泉谷しげる×丹古母鬼馬二×樋浦勉×火野正平

1980年12月上旬号

ヒマジン・クラブ:第86回

1980年11月下旬号

ヒマジン・クラブ:第85回

1980年11月上旬号

ヒマジン・クラブ:第84回

1980年10月下旬号

ヒマジン・クラブ:第83回

1980年10月上旬号

ヒマジン・クラブ:第82回

1980年9月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1980年9月上旬号

特集 「狂い咲きサンダーロード」:座談会 映画はスピードだよ、巨匠 石井聰亙×泉谷しげる×戸井十月

ヒマジン・クラブ:

1980年8月下旬号

ヒマジン・クラブ:夏のスーパームービーたち

1980年8月上旬号

ヒマジン・クラブ:文芸坐のオールナイト

1980年7月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1980年7月上旬号

ヒマジン・クラブ:鈴木清順の夜

1980年6月下旬号

ヒマジン・クラブ:「ツィゴイネルワイゼン」

1980年6月上旬号

ヒマジン・クラブ:授賞式

1980年5月下旬号

ヒマジン・クラブ:「海潮音」ロケだより3

1980年5月上旬号

ヒマジン・クラブ:「海潮音」ロケだより2

1980年4月下旬号

ヒマジン・クラブ:「海潮音」ロケだより1

1980年4月上旬号

ヒマジン・クラブ:カメラを持った山口百恵

1980年3月下旬号

ヒマジン・クラブ:「地獄の黙示録」見聞5

1980年3月上旬号

ヒマジン・クラブ:「地獄の黙示録」見聞3

1980年2月下旬決算特別号

ヒマジン・クラブ:「地獄の黙示録」見聞2

1980年2月上旬号

ヒマジン・クラブ:「地獄の黙示録」見聞1

1980年1月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1980年1月上旬新年特別号

ヒマジン・クラブ:長い友とのはじまりに・・・

1979年12月上旬号

ヒマジン・クラブ:第64回

1979年11月上旬号

ヒマジン・クラブ:第62回

1979年10月下旬号

ヒマジン・クラブ:第58回

1979年10月上旬秋の特集号

ヒマジン・クラブ:第60回

1979年9月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1979年9月上旬号

ヒマジン・クラブ:

1979年8月下旬号

ヒマジン・クラブ:

1979年8月上旬号

ヒマジン・クラブ:グッド・ダイミング

1979年7月下旬号

ヒマジン・クラブ:恩地組の人々おつかれさまでした

1979年7月上旬夏の特別号

ヒマジン・クラブ:愛しの工藤栄一

1979年6月下旬号

ヒマジン・クラブ:愛しの工藤栄一

1979年6月上旬号

ヒマジン・クラブ:愛する工藤栄一

1979年5月下旬号

ヒマジン・クラブ:ホームドラマの中の犯人

1979年5月上旬号

ヒマジン・クラブ:その後の仁義なき戦い

1979年4月下旬号

ヒマジン・クラブ:俺は本気だぜ

1979年4月上旬春の特別号

ヒマジン・クラブ:安息の日

1979年3月下旬号

ヒマジン・クラブ:映画をつくってるゾ!

1979年3月上旬号

ヒマジン・クラブ:『拳銃殺陣師』クランク・アップ

1979年2月下旬決算特別号

ヒマジン・クラブ:映画とライブの夜!!

1979年2月上旬号

ヒマジン・クラブ:一千万円映画「拳銃殺人師」は動いてる

1979年1月下旬正月特別号

ヒマジン・クラブ:映画「拳銃殺陣師」クランク・イン

1979年1月上旬新年特別号

ヒマジン・クラブ:遠い映画

1978年12月下旬号

ヒマジン・クラブ:インタビューシリーズ5 森崎東監督

1978年12月上旬号

ヒマジン・クラブ:インタビューシリーズ4 森崎東監督

1976年12月下旬号

随想: