男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マスカレード・ホテル

  • ますかれーどほてる
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    74.0点(722人)

  • 観たひと

    985

  • 観たいひと

    84

  • レビューの数

    94

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019/1/18
上映時間 133分
製作会社 フジテレビジョン=集英社=ジェイ・ストーム=東宝(製作プロダクション:シネバザール)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督鈴木雅之 
脚本岡田道尚 
原作東野圭吾:(『マスカレード・ホテル』(集英社文庫刊))
エグゼクティブプロデューサー臼井裕詞 
製作石原隆 
木下暢起 
藤島ジュリーK. 
市川南 
プロデューサー上原寿一 
和田倉和利 
撮影江原祥二 
美術あべ木陽次 
美術進行杉山貴直 
美術デザイン小林久之 
美術プロデュース三竹寛典 
装飾野本隆行 
音楽佐藤直紀 
録音武進 
音響効果壁谷貴弘 
照明吉角荘介 
編集田口拓也 
衣裳デザイン黒澤和子 
選曲藤村義孝 
キャスティング緒方慶子 
アソシエイトプロデューサー日高峻 
ラインプロデューサー森賢正 
製作担当鍋島章浩 
助監督吉村達矢 
スクリプター山縣有希子 
VFXスーパーバイザー小坂一順 
カラーグレーダー齋藤精二 

キャスト

(C)2019「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

解説

東野圭吾のベストセラー小説を木村拓哉と長澤まさみ主演で実写映画化。都内で起きた3件の殺人事件の現場に残された数字を解読した刑事・新田は、次の犯行場所がホテル・コルテシア東京であることを突き止める。新田はホテルマンに扮して潜入捜査することに。監督は、「HERO」シリーズの鈴木雅之。脚本は、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚。

あらすじ

都内で3件の殺人事件が起こり、すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査されることになる。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字を解読し、次の犯行場所はホテル・コルテシア東京であることを突き止める。しかし犯人への手掛かりは一切不明のため、警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断する。新田はホテルのフロントクラークとして犯人を追うことになり、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)が彼の教育係に任命される。刑事として次々と現れる素性の知れない宿泊客たちの仮面を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして利用客の仮面を守ろうとする尚美は幾度となく衝突を繰り返すが、共にプロとして価値観を理解し合うようになっていき、二人の間に不思議な信頼関係が芽生えていく。そんななか、事件は急展開を迎え、警察とホテルは追い込まれていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「マスカレード・ホテル」

2019年1月下旬新春特別号

巻頭特集 「マスカレード・ホテル」:インタビュー 木村拓哉

巻頭特集 「マスカレード・ホテル」:インタビュー 鈴木雅之[監督]

巻頭特集 「マスカレード・ホテル」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「マスカレード・ホテル」