男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

東根作寿英

  • Toshihide Tonesaku
  • 出演
本名
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1972/04/03
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。法政大学第二高校在学中の1988年、芸能事務所・アミューズ主催の“10ムービーズ・オーディション”に合格し、『マクドナルド』のCMで芸能界デビューする。翌年、NHK『ときめき宣言』89でドラマ初出演。法政大学社会学部に進学後も俳優業を両立させ、NHK大河ドラマ『信長』92では信長の後継者で長男の織田信忠を演じた。飯田譲治監督のOV「東京BABYLON 1999」93に陰陽師の高校生・昴流役で初主演を飾り、NHK連続テレビ小説『春よ、来い』94でヒロイン・安田成美の初恋の相手役に抜擢され、広く知られるようになる。映画初出演は人気テレビ時代劇の劇場版「鬼平犯科帳」95で、主人公・長谷川平蔵の息子・辰蔵役。翌96年には岡本明久監督「人間の翼・最後のキャッチボール」に実在した24歳のプロ野球投手・石丸進一役で主演し、特攻隊員として儚い生涯を閉じるまでを熱演した。その後は、テレビドラマを中心に活躍。TBS『君と出逢ってから』96で主人公・本木雅弘の同僚のエリート商社マン、フジテレビ『神様、もう少しだけ』98で金城武扮する音楽プロデューサーのマネージャー、日本テレビ『ストレートニュース』00ではテレビ局の編成マンに扮するなど、数々のドラマに助演する。2001年のフジテレビ『ロケット・ボーイ』01では、織田裕二演じる主人公の後輩なのに主任で、妻子があるのに女子社員から付け狙われる中島良雄役をコミカルに演じて、印象を残す。久々の映画出演となった中村幻児監督「ロード88・出会い路、四国へ」を経て、05年には「踊る大捜査線」シリーズからのスピンオフ「交渉人・真下正義」05で、猪突猛進型の先輩刑事・木島に振り回される部下の浅尾役を好演。木島を主役に据えたフジテレビの単発ドラマ『逃亡者・木島丈一郎』05、シリーズ本体の「踊る大捜査線 THE MOVIE3/ヤツらを解放せよ!」10でも引き続き浅尾役を演じた。『バラード』05、『コースター』07、『レッドクリフ・愛』11など舞台でも存在感を発揮。テレビドラマはほかに、TBS『世界で一番熱い夏』01、『魔王』08、『JIN/仁』11、フジテレビ『愛し君へ』04、『素直になれなくて』10、日本テレビ『キイナ・不可能犯罪捜査官』09、『秘密諜報員エリカ』11、NHK『龍馬伝』10など。

キネマ旬報の記事