男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

宇梶剛士

  • Takashi Ukaji
  • 出演
本名
出身地 東京都新宿区
生年月日 1962/08/15
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都新宿区の生まれ。父親の仕事の都合で、幼少期を広島で過ごす。東京に戻ってから始めた野球で頭角を現し、甲子園を目指して拓殖大学第一高校へ進学するが、暴力事件に巻き込まれて退学。日本最大組織の暴走族と言われていた“ブラックエンペラー”に参加し、7代目名誉総長となるが暴走族同士の抗争で逮捕され、少年院に収監される。そこで出会ったチャップリンの自伝に感銘を受けて俳優を志し、出所後、明治大学付属中野高校定時制に編入。同時に母親の紹介で、歌手・錦野旦の事務所で手伝いを始める。その時に出会った菅原文太に目をかけられ、菅原主演のテレビ朝日『警視庁殺人課』81などに端役で出演し、俳優としての一歩を踏み出した。その後、美輪明宏と出会い、演劇にも進出。1983年の寺山修司・作『青森県のせむし男』を皮切りに舞台出演を重ね、劇団3〇〇の『一の一の六』84に主演する。本格的なテレビドラマ出演は、86年のTBS東芝日曜劇場『愛されて、サヨナラ』から。翌87年には和泉聖治監督「パッセンジャー・過ぎ去りし日々」で映画初出演。本田美奈子演じるヒロインのレーサー志望の兄(三田村邦彦)のライバル役を演じた。その後は停滞期もあったが、フジテレビ『愛しあってるかい!』89、『ひとつ屋根の下2』97、TBS『未成年』95などのドラマで、二枚目からコミカルな役まで幅広く活躍。2004年には6本もの出演映画が公開され、李闘士男監督「お父さんのバックドロップ」では、190cm近い長身と野球で培った運動神経を活かしてプロレスラー・下田牛之助役で映画初主演を飾った。テレビドラマはほかに、TBS『ウルトラマンガイア』98、フジテレビ『スタアの恋』01、『離婚弁護士Ⅱ・ハンサムウーマン』05、『任侠ヘルパー』09、NHK『新選組!』04、テレビ朝日『仮面ライダーオーズ』10など。近年も、片山修監督「岳/ガク」11、鈴木雅之監督「プリンセストヨトミ」11などの注目作でバイプレーヤーとして活躍している。

キネマ旬報の記事

2004年10月下旬号

特集 「お父さんのバックドロップ」:宇梶剛士 インタビュー

1996年1月下旬号

特別企画 <短期連載>SCORE TIMES:インタビュー