男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ソロモンの偽証 後篇・裁判

  • そろもんのぎしょうこうへんさいばん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    71.1点(811人)

  • 観たひと

    1212

  • 観たいひと

    88

  • レビューの数

    124

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015/4/11
上映時間 146分
製作会社 「ソロモンの偽証」製作委員会(松竹=木下グループ=博報堂DYメディアパートナーズ=朝日新聞社=GYAO!=KDDI) (企画:松竹/制作プロダクション:松竹撮影所)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督成島出 
脚本真辺克彦 
原作宮部みゆき:(「ソロモンの偽証」(新潮文庫刊))
撮影藤澤順一 
美術西村貴志 
音楽安川午朗 
録音藤本賢一 
照明金沢正夫 
編集三條知生 

キャスト

出演藤野涼子 藤野涼子
板垣瑞生 神原和彦
石井杏奈 三宅樹理
清水尋也 大出俊次
富田望生 浅井松子
前田航基 野田健一
望月歩 柏木卓也
西畑澪花 倉田まり子
若林時英 向坂行夫
西村成忠 井上康夫
加藤幹夫 橋田祐太郎
石川新太 井口充
佐々木蔵之介 藤野剛
夏川結衣 藤野邦子
永作博美 三宅未来
黒木華 森内恵美子
田畑智子 佐々木礼子
松重豊 北尾
小日向文世 津崎正男
尾野真千子 中原涼子

(C)「ソロモンの偽証」製作委員会

解説

『理由』で第120回直木賞を受賞した宮部みゆきの集大成と謳われるミステリー巨編を、「八日目の蝉」「ふしぎな岬の物語」と国内外から高い評価を受ける成島出監督が映画化。同級生の死をきっかけに混乱する中学校の生徒が、大人たちに見切りをつけ自分たちで真相を突き止めようと学校内裁判を開く。本作の役名と同名でデビューする主演の藤野涼子をはじめ、「アオハライド」の板垣瑞生、「渇き。」の清水尋也ら、渦中の中学生たちと同世代の出演陣が大規模なオーディションから選出された。また、「超高速! 参勤交代」の佐々木蔵之介、「歩いても 歩いても」の夏川結衣、「八日目の蝉」の永作博美らも出演。「ソロモンの偽証 前篇・事件」より続く。

あらすじ

男子中学生・柏木卓也(望月歩)の転落死以降、殺人を告発する目撃者からの手紙、過熱報道、連鎖していく事件により学校は混乱していたが、大人たちは保身に走る一方だった。生徒の一人・藤野涼子(藤野涼子)は自分たちで柏木卓也の死の真相を突き止めようと動きはじめ、学校内裁判が開廷される。人間の底知れぬエゴや欲望、悪意が渦巻く中、少女が学校内裁判の果てに見たものとは……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 日本映画ベスト・テン

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 読者選出日本映画ベスト・テン

2015年5月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

2015年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」:インタビュー 成島出[監督] とにかく生きろ、そうしたら何かが変わってくる

2014年12月上旬号

NEWS 日本映画:CRANK IN, CRANK UP