男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

永作博美

  • Hiromi Nagasaku
  • 出演
本名
出身地 茨城県行方郡麻生町(現・行方市)
生年月日 1970年10月14日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

茨城県行方郡麻生町(現・行方市)の生まれ。1989年、フジテレビのバラエティ番組『パラダイスGoGo!!』内のアイドルグループ“乙女塾”メンバーオーディションに合格。松野有里巳、佐藤愛子と3人でユニット“ribbon”を結成して活動を始める。女優としては91年以降、いくつかのテレビドラマに出演し、93年、青山円形劇場の舞台『TIMESLIP黄金丸』に出演。東京に進出してきたばかりで注目されていた劇団☆新感線とribbonのコラボレーションは大いに盛り上がった。95年のribbon解散後は、本格的に女優の道を歩む。96年のTBS『ひとり暮らし』では、常盤貴子演じるヒロインの親友で実は彼女に恋心を感じている役柄を演じて話題となる。同年、ナイロン100℃の舞台『下北ビートニクス』にも出演。ケラリーノ・サンドロヴィッチの独特の笑いの世界を的確に演じ、舞台女優としての才を発揮する。これらの活躍により、アイドルという認識を完全に覆し、以後も、TBS『青い鳥』97、『週末婚』99、日本テレビ『冷たい月』98、『Pure Soul/君が僕を忘れても』01、『伝説のマダム』03、テレビ朝日『婚外恋愛』02などのドラマにコンスタントに出演していく。映画初出演は2003年の黒沢清監督「ドッペルゲンガー」。豊田利晃監督「空中庭園」05、石川寛監督「好きだ、」06、園子温監督「気球クラブ、その後」06などを経て、07年の吉田大八監督「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」では狂った家族たちを見つめる兄嫁役を演じ、キネマ旬報賞、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭などの助演女優賞を多数受賞する。井口奈巳監督「人のセックスを笑うな」08、大林宣彦監督「その日のまえに」08、東陽一監督「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」10、成島出監督「八日目の蝉」11など、ナチュラルな雰囲気を作り出すことが実に巧みで、テレビ朝日『四つの嘘』08、日本テレビ『曲げられない女』10などのドラマでの現代女性をやや過剰に描いた役柄も、絶妙なさじ加減によってどこかリアルに感じさせる。09年4月、映像作家の内藤まろと結婚し、翌10年に男児を出産した。

キネマ旬報の記事

2013年11月下旬号

FACE:永作博美

2012年2月下旬決算特別号

2011年 第85回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞発表:[個人賞カラーグラビア]主演女優賞 永作博美

2010年12月上旬号

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」:永作博美インタビュー

HOT SHOTS:永作博美「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」

2010年11月上旬号

巻頭特集 映画俳優20周年記念 浅野忠信 これまでと、これから:共演者が語る浅野忠信 永瀬正敏、小泉今日子、オダギリ ジョー、永作博美

2008年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:助演女優賞 永作博美

2008年1月下旬号

FACE2008:永作博美

2003年10月下旬号

FACE2003:永作博美