男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

横道世之介

  • よこみちよのすけ
  • ----
  • ----

amazon


  • KINENOTE Selection映画館で観る
  • VODで観る

  • 平均評点

    80.7点(1254人)

  • 観たひと

    1899

  • 観たいひと

    254

  • レビューの数

    192

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2013/2/23
上映時間 160分
製作会社 「横道世之介」製作委員会(日活=博報堂DYメディアパートナーズ=バンダイビジュアル=毎日新聞社=アミューズソフトエンタテインメント=テンカラット=ショウゲート=文藝春秋=ソニー・ミュージックエンタテインメント=テレビ東京=テレビ大阪=BSジャパン=Yahoo! JAPANグループ)(企画・製作幹事 日活/制作プロダクション キリシマ1945)
配給 ショウゲート
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督沖田修一 
脚本沖田修一 
前田司郎 
原作吉田修一:(「横道世之介」(毎日新聞社 文春文庫刊)
プロデューサー西ヶ谷寿一 
山崎康史 
共同プロデューサー西宮由貴 
宮脇祐介 
撮影近藤龍人 
美術安宅紀史 
音楽高田漣 
主題曲/主題歌ASIAN KUNG-FU GENERATION:(「今を生きて」キューンミュージック)
録音矢野正人 
音響効果斎藤昌利 
照明藤井勇 
編集佐藤崇 
衣裳デザイン纐纈春樹 
ヘアメイク田中マリ子 
ライン・プロデューサー金森保 
制作担当刈屋真 
助監督海野敦 
スクリプター/記録田口良子 
SFX/VFXスーパーバイザーオダイッセイ 

キャスト

出演高良健吾 横道世之介
吉高由里子 与謝野祥子
池松壮亮 倉持一平
伊藤歩 片瀬千春
綾野剛 加藤雄介
朝倉あき 阿久津唯
黒川芽以 大崎さくら
柄本佑 小沢
佐津川愛美 戸井睦美
堀内敬子 祥子の母
大水洋介ラバーガール
田中こなつ 
江口のりこ 
眞島秀和 
ムロツヨシ 
黒田大輔 
渋川清彦 
広岡由里子 
井浦新 室田恵介
國村隼 祥子の父
きたろう 横道洋造
余貴美子 横道多恵子

(C)2013「横道世之介」製作委員会

解説

「悪人」の吉田修一による同名小説を「キツツキと雨」の沖田修一監督が映画化。上京したての大学一年生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く人々の姿を描く。出演は「軽蔑」の高良健吾、「婚前特急」の吉高由里子、「行け!男子高校演劇部」の池松壮亮、「スワロウテイル」の伊藤歩、「その夜の侍」の綾野剛、「携帯彼氏」の朝倉あき。

あらすじ

1987年。長崎の港町生まれの18歳、横道世之介(高良健吾)は大学進学のために上京。人の頼みを断れないお人好しな彼だったが、嫌みのない図々しさが人を呼び、倉持一平(池松壮亮)や加藤雄介(綾野剛)、そしてガールフレンドの与謝野祥子(吉高由里子)たちと共に大学生活を過ごしていた。やがて世之介に起こったある出来事から、その愛しい日々と優しい記憶の数々が呼び覚まされていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年5月下旬号

綾野剛のそれから:それぞれの綾野剛 近藤龍人(「横道世之介」「夏の終り」「そこのみにて光輝く」カメラマン) 動いてこそ、生きてくる

2013年4月上旬号

読む、映画:「横道世之介」

2013年3月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「横道世之介」

2013年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「横道世之介」

「横道世之介」:インタビュー 沖田修一(監督・脚本)

「横道世之介」:インタビュー 吉田修一(原作)

「横道世之介」:寄稿 悪ふざけを続けるのも大変だ

「横道世之介」:作品評

2012年7月上旬号

撮影現場ルポ:「横道世之介」

2012年3月下旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP