男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愛と誠(2012)

  • あいとまこと
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.2点(407人)

  • 観たひと

    574

  • 観たいひと

    65

  • レビューの数

    77

基本情報

ジャンル アクション / ミュージカル
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/6/16
上映時間 134分
製作会社 「愛と誠」製作委員会(角川書店=ハピネット=東映=テレビ朝日=OLM=NTTドコモ=木下工務店=エクセレントフィルムズ=コンセプトフィルム=ホリプロ)(制作プロダクション エクセレントフィルムズ=OLM)
配給 角川映画=東映
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督三池崇史 
脚本宅間孝行 
原作梶原一騎:(「愛と誠」講談社漫画文庫所載)
ながやす巧:(「愛と誠」講談社漫画文庫所載)
エグゼクティブプロデューサー井上伸一郎 
椎名保 
企画伊藤秀裕 
土川勉 
製作池田宏之 
藤岡修 
遠藤茂行 
平城隆司 
奥野敏聡 
阿佐美弘恭 
木下直哉 
伊藤秀裕 
堀義貴 
プロデューサー杉崎隆行 
鷲頭政充 
山崎美春 
撮影北信康 
美術林田裕至 
装飾坂本明 
音楽小林武史 
主題曲/主題歌一青窈 
録音中村淳 
音響効果柴崎憲治 
照明渡部嘉 
編集山下健治 
振り付けパパイヤ鈴木 

キャスト

解説

「ヤッターマン」「十三人の刺客」の三池崇史監督が、過去にもドラマ化され人気を博した梶原一騎・ながやす巧原作によるコミックを、歌や踊りを交えて青春の熱い叫びを表現し映画化。「悪人」の妻夫木聡が復讐に燃えながらも実は優しい心を持つ不良少年の誠を、NHK大河ドラマ『平清盛』の武井咲が誠に惜しみなく愛情を注ぐ清廉潔白で汚れや苦労を知らないお嬢様・愛を演じる。「スワロウテイル」「ハルフウェイ」の小林武史が音楽を担当し、数々の名曲に独自アレンジを加えている。「鴨川ホルモー」などに出演、ロッテ『Fit’s』CMの振付で知られるダンサーのパパイヤ鈴木が振付を担当。脚本は「花より男子 ファイナル」の宅間孝行。

あらすじ

富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身上京した、額に一文字の傷がある不良の誠(妻夫木聡)の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事や命を賭して彼女を愛するという岩清水(斎藤工)の存在もあるが、愛は決して一途な心を曲げない。己の拳以外誰も信じない頑なな誠に、全身全霊をかけて愛する愛の心は通じるのか?

関連するキネマ旬報の記事

2012年8月上旬号

読む、映画:「愛と誠」

2012年7月下旬号

読む、映画:「愛と誠」

2012年7月上旬号

読む、映画:「愛と誠」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「愛と誠」

2012年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「愛と誠」

巻頭特集 21世紀に描く 梶原一騎的純愛世界「愛と誠」:インタビュー 三池崇史(監督)

巻頭特集 21世紀に描く 梶原一騎的純愛世界「愛と誠」:インタビュー 宅間孝行(脚本)

巻頭特集 21世紀に描く 梶原一騎的純愛世界「愛と誠」:インタビュー 斎藤工が語る三池崇史演出

巻頭特集 21世紀に描く 梶原一騎的純愛世界「愛と誠」:作品評 いかに暴走しようと核心ははずさない商業監督としての矜持