男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

武井咲

  • Takei Emi
  • 出演
本名
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 1993/12/25
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

愛知県名古屋市の生まれ。妹が一人いる。“咲(えみ)”は本名で、両親から「花が咲くように元気で笑顔が絶えない女の子」になってほしいとの願いから名づけられた。2006年、“第11回全日本国民的美少女コンテスト”でモデル部門賞とマルチメディア賞を受賞。ファッション誌『SEVENTEEN』でモデルとしてデビューし、翌07年から専属モデルとして活躍する。女優としては08年に、中原俊監督「櫻の園」で映画初出演。女子高の演劇部を舞台に、封印されていたチェーホフの『櫻の園』公演を実現しようと取り組む福田沙紀、杏ら部員の中で後輩の水田真紀を演じ、小さい役ながらも無難に演劇部の一員を演じた。次いで、09年のフジテレビ『オトメン(乙男)』に、主人公・岡田将生の友人・佐野和真の妹役でドラマ初出演。同局の人気ドラマの続編『ライアーゲーム・シーズン2』09では戸田恵梨香らに交じって“悪魔のゲーム”に参戦する少女・佐伯ヒロカ役を演じ、際立った美少女ぶりで周囲を圧倒して女優としての助走期間を終焉させる。翌10年には野島伸司脚本のフジテレビ『GOLD』で、いよいよ重要な役に挑む。天海祐希が演じる主人公は、3人の子供をオリンピック代表候補選手に育て上げたカリスマ美容研究家だが、その長女で高飛び込み選手を武井は演じた。恋のトラブルで母親に反発、選手としては違反となる刺青を腕に彫って母に抵抗する役どころで、16歳には見えない凛とした立ち姿と、母に抵抗する眼力が強い印象を残した。この頃から、大型新星登場とテレビ界では引っ張りだこになり、多くのバラエティ番組やCMに出演するようになる。翌11年のフジテレビ『大切なことはすべて君が教えてくれた』では、結婚間近の教師・三浦春馬と戸田恵梨香の教え子である女子高生・佐伯ひかりに扮し、三浦とひと晩を過ごしたことで周囲にさまざまな疑惑を集め、一種の三角関係を展開する小悪魔的な少女を演じる。ここでは意志の強い光を眼に溜めた、大人に対する反発感を隠そうとはしない強烈な個性をアピールした。次いで、テレビ朝日『アスコーマーチ・明日香工業高校物語』11では、いよいよドラマ初主演。工業高校にまぎれ込んだ女子高生・吉野直の戸惑いと成長を、怒り、笑い、泣き、そしてユーモアという初めて感情を露わにしながら熱演している。12年放送予定のNHK大河ドラマ『平清盛』では、源義朝の側室で義経の母、のちに清盛の側室となる絶世の美女・常盤御前役に抜擢される。幼い頃からプロ野球が好きで、地元の中日ドラゴンズの大ファンとしても知られる。

キネマ旬報の記事

臨時増刊8月2日号 KINEJUN next vol.07

【巻頭特集】映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」:インタビュー 武井咲